明日のエール:11月17日 第112回 24歳になった華は看護の仕事にやりがい 音は「そろそろ結婚」と…

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」第112回の一場面 (C)NHK

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)は第23週「恋のメロディ」を放送。11月17日の第112回では……。

 華(古川琴音さん)が東京の病院で働き始めて3年。看護の仕事にやりがいを感じて、仕事に頑張る華だったが、音(二階堂ふみさん)はそろそろ結婚のことも考えた方がいいのではと、24歳になった娘のことを心配する。一方、40代の裕一(窪田さん)は、元の机でラジオドラマの音楽を作り、別の机では歌謡曲を書き、もう一つの机で映画の主題歌や劇伴を書き……といった具合の人生で最も多忙な時期を送っていた。

 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で、自らも歌手になる夢を追い続ける音の、音楽と共に生きる夫婦の物語。

 第22週は、作詞家として大成した鉄男(中村蒼さん)だったが、自らの暗い過去にとらわれ、家族を主題にした歌だけは書けずにいた。裕一はそんな鉄男に、母校の校歌を一緒に作ろうと誘う。校歌が完成して福島を訪れた2人。そこで鉄男は生き別れの弟・典男(泉澤祐希さん)と再会を果たす。一方、裕一の弟の浩二(佐久本宝さん)は、りんご農家を頻繁に訪れていた。実はその家の娘・まき子(志田未来さん)にひそかに思いを寄せているのだが、彼女は戦死した恋人を忘れられずにいた。そして、東京行きが決まったまき子に浩二は……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る