エール:第113回視聴率19.7% 華が「重い女」を卒業? 「軽い女」になる宣言!

テレビ
NHK連続テレビ小説「エール」主演の窪田正孝さん

 俳優の窪田正孝さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の第113回が11月18日に放送され、平均視聴率(世帯)は19.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 第113回は、数々のラジオドラマをヒットさせた池田(北村有起哉さん)は、その腕を見込まれ、大きなエンターテインメント会社にヘッドハンティングされる。池田から一緒にやろうと誘われて、裕一(窪田さん)は池田の次の作品となる、喜劇の大物総出演のミュージカルの曲を手掛けることに。一方、華(古川琴音さん)は、将来を心配して音(二階堂ふみさん)が持ってくるお見合いの話を断っていたが、ある日職場の先輩が結婚すると知って……という展開だった。

 また、この日は華が「重い女」を卒業し、「軽い女」になると宣言。同回は「華、軽い女になる 明日放送!」との赤字のテロップで幕を閉じた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る