魔術士オーフェン:テレビアニメ第2期「キムラック編」にて宮内敦士、小西克幸、井上喜久子、平山笑美

アニメ
「魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編」のビジュアル(C)秋田禎信・草河遊也・TOブックス/魔術士オーフェンはぐれ旅製作委員会

 人気ライトノベル「魔術士オーフェン」の新作テレビアニメ「魔術士オーフェンはぐれ旅」の第2期「魔術士オーフェンはぐれ旅 キムラック編」に声優として宮内敦士さん、小西克幸さん、井上喜久子さん、平山笑美さんが出演することが11月24日、分かった。宮内さんがキムラック教会の頂点に君臨し続ける不死の伝道者・ラモニロック、小西さんが“死の教師”サルアの兄・ラポワント、井上さんが天人種族の長・イスターシバ、平山さんがラモニロックの世話役・アナスタシアをそれぞれ演じる。

 小西さんは「魔術士オーフェンは、昔小説で読んでいた作品で、まさか今回復活してさらには関わることができるなんて驚きです。台本を見た時、遠い記憶の中にあったキャラたちの名前が思い出され、あったあったって一人で思っていました。ぜひぜひアニメ見てくださいね。そして小説も読んでくださいね。めちゃ面白いです」とコメント。

 井上さんは「長きにわたり、たくさんの方に愛されているこの作品に出演させていただくことになり、うれしい気持ちでいっぱいです! イスターシバは、とても複雑な想(おも)いを抱え、優しくもあり残酷でもある、難しい役どころでした。アルフレドと対峙(たいじ)しながら気持ちをぶつけ合うシーンはとても濃密でした。放送を楽しみにしてご覧いただけたらうれしいです」と話している。

 「魔術士オーフェン」は、1994年に誕生した秋田さん作、草河遊也さんイラストのライトノベル。モグリの金貸し兼魔術士のオーフェンが仲間と旅をする姿が描かれている。1998~2000年にテレビアニメ化されている。シリーズ誕生25周年を記念した企画の一環として、「魔術士オーフェンはぐれ旅」が約20年ぶりに新作テレビアニメとして制作され、第1期が今年1~4月に放送された。第2期が、2021年1月20日にTOKYO MX、WOWOWほかでスタートする。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る