注目ドラマ紹介:「少年寅次郎スペシャル」 井上真央主演の特集ドラマ 再び寅次郎の育ての母に

テレビ
特集ドラマ「少年寅次郎スペシャル」前編のワンシーン (C)NHK

 女優の井上真央さん主演で、昨年10~11月に放送されたNHKの連続ドラマ「少年寅次郎」の続編となる特集ドラマ「少年寅次郎スペシャル」(総合、金曜午後10時)が12月4日から2週連続で放送される。井上真央さんが寅次郎の育ての母・車光子を演じ、藤原颯音(はやと)君、井上優吏(すぐり)さんの寅次郎役を務めた2人も続投。前作の最終回で葛飾・柴又を旅立ってから1年たった寅次郎と、よみがえる幼いころの日々を前後編で描く。

 「少年寅次郎」は、国民的映画シリーズ「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎(寅さん)の少年時代が題材の、山田洋次監督の小説「悪童(ワルガキ) 小説寅次郎の告白」のドラマ化。寅次郎出生の秘密から、戦争を挟んだ悪ガキ時代、そして最愛の妹・さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つまでの物語となっていた。

 その1年後となる「少年寅次郎スペシャル」は、2017年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」などで知られる岡田惠和(よしかず)さんが再び脚本を担当。寅次郎のぐうたらな父・平造役で毎熊克哉さん、平造の弟・竜造役で泉澤祐希さん、竜造の妻・つね役で岸井ゆきのさん、帝釈天住職の御前様役で石丸幹二さんも引き続き登場する。

 「前編」は、最愛の妹・さくら(野澤しおりちゃん)に見送られ葛飾・柴又を旅立った車寅次郎。あれから1年、母・光子(井上真央さん)を亡くした寅次郎は、故郷柴又には戻っていない。しかしビジネスの旅の途中の山形で、初恋の人・さとこ(森七菜さん)と再会。さとこからもらったりんごに、よみがえる柴又の日々。わんぱく小僧だった寅次郎はお供えから拝借したりんごを、打ち直し中の布団の中に隠す。そんな泣き笑いの母との毎日を思い出し、故郷へと向かう……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る