出没!アド街ック天国:3代目秘書・須黒清華アナが卒業 4代目秘書は「なんでも鑑定団」の片渕茜アナ

テレビ
人気情報バラエティー番組「出没!アド街ック天国」を卒業する3代目秘書の須黒清華アナウンサー(右)と後任の4代目秘書の片渕茜アナウンサー(C)テレビ東京

 テレビ東京の人気情報バラエティー番組「出没!アド街ック天国(アド街)」(土曜午後9時)の3代目秘書の須黒清華アナウンサーが、産休のため、12月19日の放送をもって後任の片渕茜アナウンサーと交代することが分かった。4代目秘書となる片渕アナは、2016年にテレビ東京に入局。同局の人気番組「開運!なんでも鑑定団」(火曜午後8時54分)のアシスタントを務めているほか、これまで「アド街」にも、風邪を引いた須黒アナのピンチヒッターとして出演したこともあった。来年1月9日の放送回(90分スペシャル)から登場する。

 須黒アナは、2013年4月6日の放送回から約7年8カ月にわたって番組に出演した。番組の卒業について「最後の収録を終えて、今、番組を離れる寂しさをひしひしと感じています。初回の収録前、(初代宣伝部長の)愛川(欽也)さんやスタッフの皆さんが、『そのままで良いんだよ』と言って背中を押してくださったことを昨日のことのように思い出します」としみじみ。

 「7年半担当した中で一番思い出に残っているのは、アド街1000回放送を機に愛川さんから井ノ原(快彦)さんへバトンタッチした時のことです。愛川さんは最後まで誰にも病気のことを伝えず、爽やかに番組を離れていかれて、当時はとても寂しかったのですが、今考えると本当にかっこいい去り方だったなと思います。そして新しく宣伝部長に就任された井ノ原さんが番組の雰囲気にぴったりで、あっという間に番組になじまれたことも驚きでした。井ノ原さんの温かく周りを包み込む太陽のような人柄のおかげなのですが、番組のパワーがそんな井ノ原さんを引き寄せたのかなとも思っています。新しい形のアド街ができ上がっていくその瞬間を一緒に過ごすことができたのは、貴重な経験でした。これからはアド街のファンとして、井ノ原さんがおじいちゃんになるまで見続けたいです」と話した。

 4代目秘書の片渕アナは「25年続く長寿番組で、さらに先輩アナウンサーが代々秘書役をされているということもあり、4代目としてバトンを受け取ることができ光栄です。東京生活5年目。東京に慣れてきたようでまだまだ知らないことばかりだと日々感じています。以前代役を務めたとき、VTRに登場したカレー屋さんに早速行ってきましたが(笑い)。これからも番組を担当しつつ、その街の魅力を体感しに、私もさまざまな街に実際に出没してまわりたいと思っています」とコメント。「今後番組に携わりながら、私も番組や視聴者の皆さまとの信頼関係を積み重ねていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします」と語った。

 ◇「出没!アド街ック天国」歴代秘書(敬称略)

1995年4月~ 八塩圭子
2003年4月~ 大江麻理子
2013年4月~ 須黒清華
2021年1月~ 片渕茜

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る