木村祐一:亀梨和也主演ドラマのメインキャストで出演 犯罪心理学専攻の元大学教授役

2021年1月にスタートする連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」に出演する木村祐一さん=日本テレビ提供
1 / 1
2021年1月にスタートする連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」に出演する木村祐一さん=日本テレビ提供

 俳優の木村祐一さんが、「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演で2021年1月にスタートする連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系)に、メインキャストとして出演することが分かった。木村さんは、恋人の命を奪った連続殺人鬼を追う特別捜査官・伏見響介(亀梨さん)と同じKSBC(神奈川県警捜査分析センター)のメンバーで、犯罪心理学専攻の元大学教授・山崎辰二郎を演じる。

 木村さんは、「10代で共演して以来の、超たくましくなった亀梨くん、そしてチームのメンバーとともに、明晰(めいせき)な頭脳を駆使して絶対に犯人を捕まえたいと思います」とコメント。

 ドラマは、実在の警察組織・SSBC(警視庁捜査支援分析センター)をもとにした架空の組織・KSBCの活躍を描く“サイバークライムサスペンス”。特別捜査官・伏見が、全員元犯罪者というKSBCの民間捜査員と共に、全国にある約500万台の監視カメラ映像など、日本国中から集まるビッグデータを駆使して凶悪犯を追い詰める。

 ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」は2021年1月スタート。毎週土曜午後10時に放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る