恋する母たち:最終回予告に“山下のり子”森田望智登場 「キター!」「怖いけど楽しみ」と期待の声続々

テレビ
ドラマ「恋する母たち」のワンシーン(C)TBS

 女優の木村佳乃さん主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が12月11日、放送された。18日放送の最終回の予告に、蒲原まり(仲里依紗さん)の夫・繁樹(玉置玲央さん)の不倫相手だった、森田望智さん演じる山下のり子が登場。視聴者からは、「山下のり子キターーーー! 最終回激アツ!笑」「来週は山下のり子も出演する模様 何かやってくれるかな?」などの期待の声が上がっていた。

 ドラマは、女性週刊誌「女性セブン」(小学館)で2017年から今年7月まで連載された柴門ふみさんの同名マンガが原作。木村さん、吉田羊さん、仲さん演じる同じ高校に通う息子を持つ3人の母たちの恋愛と友情を描いたラブストーリー。

 第8話は、綾子(夏樹陽子さん)の会社のストーン・ビューティーのモデルとして、通販番組「お買い物チャンネル」で活躍し、生き生きと働くまりに繁樹(玉置さん)は、妻の魅力を再認識する。しかし、まりの心には丸太郎(阿部サダヲさん)しかおらず、意を決して丸太郎に衝撃的な提案をする。そして、物語は2020年へ。母たちの新しい生活が始まろうとしていて……という内容だった。

 森田さん演じる山下のり子について、これまでにもSNSでは「怪演」「怖すぎる」「すっごい嫌な役なんだけど魅力がある」などの声が上がっていた。最終回の予告動画では、山下のり子が「先生と別れた途端、運が向いてきたみたいです」と話す場面が公開されており、視聴者からは「『先生と別れた途端、運が向いてきたんですぅ』って言ってる山下のり子、やっぱ最強すぎて最高すぎて好き」「来週は山下のり子。楽しみ~」「予告に山下のり子でてきて恐怖しかない」などの声が上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る