メンズ校:最終話 アルカトラズエデン化計画が実現? 2年後の“牧”道枝駿佑たちの生活が大変化

連続ドラマ「メンズ校」最終話のワンシーン(C)和泉かねよし・小学館/「メンズ校」製作委員会
1 / 1
連続ドラマ「メンズ校」最終話のワンシーン(C)和泉かねよし・小学館/「メンズ校」製作委員会

 関西ジャニーズJr.の人気グループ「なにわ男子」主演の連続ドラマ「メンズ校」(テレビ東京、水曜深夜0時12分)最終第12話が12月23日に放送される。予告映像には「舞台は2年後!」「アルカトラズエデン化計画、実現!?」といった文字が映し出され、「2年後の環境は大変化」のテロップと共に、高校3年生になった牧主税(道枝駿佑さん)たちの生活が収められている。

 自由を求め、何度も脱出計画を実行してきた牧たちだったが、野上英敏(西畑大吾さん)はここに自由を作ればいいと提案。その2年後、寮ではスマホ使用や買い物などの制限が撤廃され、驚きの改革が進んでいた。

 そんなある日、大学生になった藤木一郎(大橋和也さん)が寮に訪ねてくる。牧の元には鷹野エリカ(茅島みずきさん)からのメールが届く……。

 原作は和泉かねよしさんの同名マンガ。離島の全寮制名門男子高校「私立栖鳳(せいほう)高校」を舞台に、徒歩での脱出がほぼ不可能で、現世から隔離された“とらわれ男子”たちの、ひと夏の“アオハル(青春)”を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る