乃木坂46:齋藤飛鳥が紅白リハで心境 「体が離れているぶん心がつながった、団結した1年」

アイドル テレビ
「第71回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した乃木坂46=NHK提供

 アイドルグループ「乃木坂46」が12月29日、東京・渋谷のNHKホールで行われている「第71回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに登場した。2015年から6年連続の出場となる同グループ。今年は、音楽プロデューサーの小室哲哉さんが作曲、編曲を手掛けたダンスナンバーで、齋藤飛鳥さんがセンターを務める「Route 246」を披露する。

 取材に応じた齋藤さんは、「ソーシャルディスタンスでメンバーの近くにいられず寂しかったですが、体が離れているぶん心がつながった、団結した1年になりました。これまで紅白で披露してきたのは、落ち着いた曲調が多かったのですが、今年は小室哲哉さんに作曲していただいた激しめな曲で参加します。大みそかにどんな乃木坂が見られるのか、私たち自身も楽しみです」とコメント。

 キャプテンの秋元真夏さんは「お客さんが入らなかったり、人との距離を取らなければならない1年だったからこそ、歌の力でメッセージを伝えるというのが、紅白での目標です。しっかり伝えつつ、パワフルに笑顔を届けられたらと思います」と意気込んだ。

 「第71回NHK紅白歌合戦」は、「今こそ歌おう みんなでエール」がテーマ。総合司会はお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんと、同局の桑子真帆アナウンサーで、紅組司会は女優の二階堂ふみさん、白組司会は俳優の大泉洋さんが務める。今年は初の無観客となり、NHK総合ほかで12月31日午後7時半~11時45分に放送(途中ニュースで中断あり)。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る