櫻坂46:森田ひかる、堂々紅白初センター 圧巻パフォーマンス “笑み”に「やられた」「まじでほれる」

「第71回NHK紅白歌合戦」に登場した櫻坂46=NHK提供(12月29日のリハーサルの模様)
1 / 1
「第71回NHK紅白歌合戦」に登場した櫻坂46=NHK提供(12月29日のリハーサルの模様)

 アイドルグループ「櫻坂46」が12月31日放送の「第71回NHK紅白歌合戦」に登場した。今年10月に「欅坂46」から改名し、新たなスタートを切った同グループ。櫻坂46としては今回が初の紅白で、白地に赤をあしらったロングコート風衣装で「Nobody’s fault」をパフォーマンスした。

 メンバーの森田ひかるさんは、堂々と紅白初センターを務め、SNSでは「センターの森田ひかるちゃんが本当に素晴らしかった!!」「森田ひかるちゃん、圧巻のパフォーマンスだったな」「開始直後の森田ひかるちゃんの笑みにやられたわ…」「これはまじでほれる」「森田ひかるさんのセンター力がすごすぎた」「もちろん全員カッコ良かったけど、るんちゃんカッコ良すぎた!!」とファンからの絶賛コメントが並んだ。

 「第71回NHK紅白歌合戦」は、「今こそ歌おう みんなでエール」がテーマ。総合司会はお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良さんと、同局の桑子真帆アナウンサーで、紅組司会は女優の二階堂ふみさん、白組司会は俳優の大泉洋さんが務める。今年は初の無観客となり、NHK総合ほかで12月31日午後7時半~11時45分に放送(途中ニュースで中断あり)。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る