飯豊まりえ:23歳の誕生日! 「きみセカ」撮影現場でゾンビからサプライズ祝福「人生で二度とない経験」

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」の共演者たちから誕生日を祝福された飯豊まりえさん(左から3番目)=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」の共演者たちから誕生日を祝福された飯豊まりえさん(左から3番目)=日本テレビ提供

 女優の飯豊まりえさんが1月5日に23歳の誕生日を迎え、出演する連続ドラマ「君と世界が終わる日に」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の撮影現場で、共演者たちからサプライズ祝福された。撮影が行われる中、飯豊さんのもとに花束を持ったゾンビが登場。飯豊さんは戸惑いながらも「人生で二度とない経験です。一生忘れられない誕生日になりました」と笑顔を見せた。

 ドラマは、日本テレビと動画配信サービス「Hulu(フールー)」の共同制作のサバイバルラブストーリー。自動車整備工として働く間宮響(竹内涼真さん)は、高校時代からの恋人で同居中の小笠原来美(中条あやみさん)へのプロポーズの準備をしていた日、トンネル崩落事故に巻き込まれる。閉じ込められて4日後、命からがら脱出すると、世界は一変。誰もいない街、大破した交通網、届かない電波、街中に残された血痕と、“世界の終わり”のような極限状態になっていた。響は絶望的な状況の中で、必死に来美を捜す……というストーリー。笠松将さん、韓国のバンド「N.Flying(エヌフライング)」のキム・ジェヒョンさん、滝藤賢一さんらも出演する。

 「君と世界が終わる日に」は1月17日スタート。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る