井頭愛海:国民的美少女コンテスト出身 小6で芸能界入り 今年新成人で「不思議な気持ち」 

芸能
晴れ着姿を披露した新成人の井頭愛海さん

 2016年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」でヒロイン・すみれ(芳根京子さん)の娘・さくらを演じ、注目を集めた女優・井頭愛海(いがしら・まなみ)さんが、成人の日の1月11日、華やかな晴れ着姿を披露した。

 新成人の井頭さんは2001年3月15日生まれ、大阪府出身。2012年の「第13回 全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、2013年公開の映画「おしん」で女優デビュー。また、2013年1月から2018年までガールズユニット「X21」として活動した。

 井頭さんは「この日を迎え、大人の仲間入りへの第一歩を踏み出すことができ、とってもうれしいです! 早かったような、やっとなれたような、不思議な気持ちです」と心境を明かしている。

 小学6年生の時に芸能界に入った井頭さんは、「両親に『どんな時も私の味方でいてくれて、いつも支えてくれて、応援してくれて、大切に育ててくれてありがとう。本当に感謝しています。これから、たくさん恩返しできるように、すてきな大人になってもっと頑張るね』と伝えたいです」と明かすと、「これからは、一人の大人として責任を持ち、感謝の気持ちを忘れずに、自分らしく生きていきたいなと思います。2021年もアクセル全開で頑張ります!!」と意気込んでみせた。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る