麒麟がくる:信長の“暴走”に責任 帰蝶P“離別”に込められた思い 川口春奈「何かが変わるかもしれない」と

テレビ
NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第40回の一場面 川口春奈さん演じる帰蝶 (C)NHK

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第40回「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」が1月10日に放送され、吉田鋼太郎さん扮(ふん)する松永久秀の壮絶な“最期”が描かれたほか、川口春奈さん演じる帰蝶の再登場もあった。

 松永の死後、安土城の大広間で光秀(長谷川さん)と久しぶりに再会した帰蝶。 横暴な振る舞いが目立つようになった最近の信長(染谷将太さん)について、「このごろ、殿の気持ちがよう分からぬ」と本音を漏らし、けしかけた自分も信長と一緒に「たたりを受けるやもしれぬ」と考えると、「私は少々疲れた」と信長のそばから離れることを決意したと光秀に告げた。

 さらに帰蝶は、今後は美濃の鷺山のふもとにある小さな館で暮らすことを光秀に教えると、「戦が終わって、穏やかな世になったら、遊びにおいでなされ。渋くておいしい茶を一緒に飲もう」と約束し、ほほ笑んでみせた。

 帰蝶役の川口さんは同シーンを振り返り、「暴走している信長を見て、帰蝶は責任を感じているんじゃないかなと思います。これまで信長を支えたり、けしかけたり、裏でプロデュース的なことをやってきたのは自分なので。ここで離れることで、何かが変わるかもしれない。そんな思いで去ったのではないでしょうか」と語った。

 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル作。ドラマでは謎めいた明智光秀の前半生にも光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く。ドラマは2月7日に最終回を迎える。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る