おじさまと猫:“おじさま”草刈正雄に「ハマリ役」の声 ふくまるへの優しさに視聴者涙 小林との友情も話題に

テレビ
俳優の草刈正雄さんの主演ドラマ「おじさまと猫」の第2話のワンシーン(C)「おじさまと猫」製作委員会

 俳優の草刈正雄さん主演の連続ドラマ「おじさまと猫」(テレビ東京系、水曜深夜0時58分)の第2話が、1月13日深夜に放送された。ペットショップで一目見た瞬間、ブサ猫のふくまるに惹(ひ)かれ、家に迎えた神田冬樹役の草刈さんについて、視聴者からは「草刈正雄はめちゃくちゃハマり役だと思う」「草刈正雄は本当に素晴らしい表現者」など絶賛の声が上がった。

 原作は、ウェブサービス「ガンガンpixiv」、マンガ誌「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の、桜井海さんの同名マンガ。妻に先立たれて以来、ふさぎ込んだ日々を送っていた世界的有名ピアニスト・神田(草刈さん)が、ペットショップで売れ残っていたブサ猫のふくまる(声・神木隆之介さん)と出会い、次第に笑顔を取り戻していくハートフルストーリー。

 第2話は、神田の家に初めてやってきた猫は、慣れない広い部屋への戸惑いと神田の家族に拒まれることを恐れ、キャリーケースから出られずにいた。そんな様子に、神田は自分一人しか住んでいないことを告げる。自分と同様、神田も孤独を感じていると知ったその猫は、寂しげな表情で話す神田にそっとすり寄る。神田は、出会えたことが幸福だという理由から、その猫に“ふくまる”と名付けることにして……という展開だった。

 SNSでは、「今週の『おじさまと猫』でも号泣」「涙腺大崩壊」「草刈おじさまの話し方、接し方が自然で優しくて涙涙でした」「ふくまるの動きがすごくリアルでかわいい」「ふくまる、2話の動きがマジかわいかった!」などのコメントが並んだ。

 また、升毅さん演じる神田の親友、小林について、SNSでは「小林さんがいい人過ぎてもう。おじさまと小林さんの友情素晴らしい」「小林も原作のまんま」「小林がめちゃくちゃかわいい」と話題となっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る