注目ドラマ紹介:「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」 EBiDANメンバー集結の卓球ドラマ続編 板垣瑞生が新主人公に

連続ドラマ「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」の場面写真=日本テレビ提供
1 / 12
連続ドラマ「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」の場面写真=日本テレビ提供

 俳優の板垣瑞生さんら、芸能事務所「スターダストプロモーション」の若手俳優集団「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」メンバー出演の連続ドラマ「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」(日本テレビ、水曜深夜0時59分)が1月20日に始まる。2020年4月期に放送された「FAKE MOTION -卓球の王将-」の続編。高校生たちの激しい卓球バトルを描く青春物語だ。

 「FAKE MOTION」は、卓球をテーマにしたドラマ、マンガ、音楽などのメディアミックスプロジェクト。今回は板垣さん扮(ふん)する都立八王子南工業高校の土方歳鬼を中心にストーリーが展開する。第1、2話は、前作の特別編が放送される。

 空前の卓球ブームが到来し、卓球戦国時代と化した20XX年。高校生同士は勉強やケンカの強さではなく、卓球によって優劣を決め、東京ではトップの座をめぐり、激しい争いが繰り広げられていた。強い結束力を武器に王者の薩川大学付属渋谷高校を降し東京の頂点に立った恵比寿長門学園(エビ高)が戦いに終止符を打ち、東京は一つになったはずだった。

 半年後。都立八王子南工業高校の部長・近藤勇美(森崎ウィンさん)は、大阪の頂点・天下布武学園との試合に負けてしまう。天下布武の織田佐之助(荒牧慶彦さん)は東京を潰すと宣戦布告し、近藤を慕う土方(板垣さん)の目の前で、近藤に制裁を加える。命より大切な“家族”を傷つけられた土方は、織田への復讐(ふくしゅう)を誓う。

 土方は、かつてライバルだったエビ高の井上紋太(田中洸希さん)や伊藤俊介(吉澤要人さん)をはじめ、元天下布武のエース・明智十兵衛(草川直弥さん)と共に「エビ高連合軍」を結成し、天下布武と戦うことを決意。「エビ高連合軍」は天下布武を倒し、大切な仲間と東京を守ることができるのか……。

 前作に続き、森崎さん、「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さん、「SUPER★DRAGON」の古川毅さん、田中さん、ジャン海渡さん、池田彪馬さん、「原因は自分にある。」の吉澤さん、「超特急」の草川拓弥さん、小笠原海さん、村田祐基さん、船津稜雅さん、松尾太陽さんが登場。

 新キャストとして「ONE N’ ONLY」の草川直弥さん、関哲汰さん、山下永玖さん、上村謙信さん、高尾颯斗さん、沢村玲さん、「SUPER★DRAGON」の志村玲於さん、「原因は自分にある。」の大倉空人さん、杢代和人さん、俳優の宮世琉弥さんらが出演。荒牧さん、廣瀬智紀さん、染谷俊之さん、玉城裕規さん、定本楓馬さん、田村升吾さんらも出演する。

写真を見る全 12 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る