オー!マイ・ボス!恋は別冊で:上白石萌音の自然な演技が話題 「感情移入できる」「可愛い」

女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が、1月19日に放送された。主人公・奈未を演じる上白石さんの演技について、視聴者からは「萌音ちゃんが自然な演技をするからすっと物語に入れる」「上白石萌音の演技力すごい」と注目を集めた。

 ドラマは、ファッション誌編集部を舞台に、地方育ちの平凡な主人公・鈴木奈未(上白石さん)が、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に、恋に全力で突っ走る“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」のスピンオフ「まだまだ恋はつづくよどこまでも」を担当した脚本家・田辺茂範さんのオリジナルで、松本明子プロデューサーや演出の田中健太さんら「恋つづ」スタッフが再集結して制作される。

 第2話では、お見合い話を断る口実として潤之介(玉森裕太さん)の彼女役を引き受けた奈未が、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。しかし、姉として紹介されたのは鬼上司の宝来麗子だった。最悪の状況に焦った奈未は、その場しのぎに麗子にいろんなうそをついてしまい、より事態は複雑な状況に。

 翌日、「MIYAVI」の編集部では創刊号の企画会議が行われ、中沢涼太(間宮祥太朗さん)が提案したマンガ家とのコラボ企画が採用された。さらに編集長の麗子の発言で、人気マンガ家・荒染右京(花江夏樹さん)に企画を依頼することが決定し……という内容だった。

 劇中では、奈未が、潤之介に向かって「結局いっつもそうなんですよ。私が選ばれるのはネガティブな理由。この会社入れたのだってファッションセンスなかったからだし……」と話したり、「全部うそなのに、頑張っちゃって、バカみたい……」と奈未が落ち込んだりする様子も描かれ、コラボ企画を実現するために奮闘する場面もあった。

 ツイッターでは、ハッシュタグ「#ボス恋」が世界トレンド1位となるなど大盛り上がりで、SNSでは、「上白石萌音ちゃん、可愛いよなぁ。演技もお上手だし、すごい」「あれだけの速さのテンポについていけるのは、萌音ちゃんの顔と声の演技が自然で感情移入できるから」などの声が上がった。「ボス恋ってすごく考えさせられる言葉もあって、すてきなドラマ」という意見も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る