オー!マイ・ボス!恋は別冊で:花江夏樹が売れっ子マンガ家で登場 「びっくり」「可愛かった」「いい声」と注目

女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第2話のワンシーン(C)TBS
1 / 2
女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の第2話のワンシーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が、1月19日に放送された。声優の花江夏樹さんが、売れっ子マンガ家の荒染右京(あらぞめ・うきょう)役でゲスト出演。視聴者からは、「ボス恋に花江さん出ててびっくりした」「ボス恋の花江くん良かった~!」といった声が上がるなど、注目を集めた。

 ドラマは、ファッション誌編集部を舞台に、地方育ちの平凡な主人公・鈴木奈未(上白石さん)が、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に、恋に全力で突っ走る“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」のスピンオフ「まだまだ恋はつづくよどこまでも」を担当した脚本家・田辺茂範さんのオリジナルで、松本明子プロデューサーや演出の田中健太さんら「恋つづ」スタッフが再集結して制作される。

 第2話では、お見合い話を断る口実として潤之介(玉森裕太さん)の彼女役を引き受けた奈未が、潤之介から「姉ちゃんに会って」と頼まれる。しかし、姉として紹介されたのは鬼上司の宝来麗子だった。最悪の状況に焦った奈未は、その場しのぎに麗子にいろんなうそをついてしまい、より事態は複雑な状況に。

 翌日、「MIYAVI」の編集部では創刊号の企画会議が行われ、中沢涼太(間宮祥太朗さん)が提案したマンガ家とのコラボ企画が採用された。さらに編集長の麗子の発言で、人気マンガ家・荒染右京(花江さん)に企画を依頼することが決定し……という内容だった。

 花江さんが演じた荒染右京は、日本を代表するマンガ家で、海外でも愛される作品を手掛ける売れっ子。けん玉を愛する古風な一面もあり……という役どころだった。ドラマの放送前に、花江さんは「声優はマンガ原作者の方とお会いする機会もあるので、実際にお会いしたマンガ家さんのしゃべり方や挙動も思い出しながら演じてみました。緊張しましたが、撮影はすごく楽しかったです!」とコメントしていた。

 SNSでは、「ボス恋の花江さん演技上手かったぁ! 声の演技だけでなく、顔の演技もできるのさすがすぎ」「ただただ花江さんが可愛かった」「話す声もいい声だなあーって見てた」などのコメントが並んでいた。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る