兵頭功海&綱啓永:“リュウソウゴールド”と“リュウソウブルー”が「遺留捜査」に 第2話、第3話にリレー出演

連続ドラマ「遺留捜査」に出演する兵頭功海さん=テレビ朝日提供
1 / 4
連続ドラマ「遺留捜査」に出演する兵頭功海さん=テレビ朝日提供

 スーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)でリュウソウゴールドを演じた兵頭功海さんと、リュウソウブルーを演じた綱啓永さんが、上川隆也さん主演の連続ドラマ「遺留捜査」(同局系、木曜午後8時)第6シーズンにゲスト出演することが1月21日、分かった。兵頭さんは21日放送の第2話、綱さんは28日放送の第3話とリレー出演で、ともにミステリードラマ初出演を果たす。

 兵頭さんが第2話で演じるのは、ベテラン杜氏(とうじ)である肥後平助(中西良太さん)の弟子・諏訪剛志。剛志は高齢の平助の身体を気にかけ、酒蔵を守ろうと奮闘する老舗酒蔵の若き女性社長・野澤ひかり(阿部純子さん)を支える真面目な男。剛志は35歳で、現在22歳の兵頭さんにとって一回り以上年上という設定で、兵頭さんは「年相応の落ち着き、見た目、言葉の発し方などを心掛けました」と語っている。

 撮影期間中、綱さんから「次の第3話のゲスト出演が決まった!」と連絡が入ったそうで、「第3話もものすごく楽しみにしています。絶対見ます」とエールを送っている。

 また綱さんは第3話に、気鋭のモデル・柊登夢(ひいらぎ・とむ)役で出演。モデルを演じることになった綱さんは、「まず見た目から変えなきゃなと思い、ジム通いと食事制限をして、3キロほど体重を落としました」と役作りしたという。

 ひと足早く出演する兵頭さんについて「“かつくん”からはいつもたくさんの刺激をもらっていて、人として見習っている部分も実はたくさんあります」と語り、「毎回、役をとても大事に演じているので今回もどのように演じているのかとても楽しみにしています」とメッセージを返している。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村聡(上川さん)が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていくドラマ。第6シーズンはシリーズ初となる冬クールの放送で、京都府警・特別捜査対策室のメンバーを演じる栗山千明さん、永井大さん、梶原善さん、戸田恵子さんらが続投。若手刑事・沖田悟役で戸塚純貴さんがレギュラー入りした。

 兵頭さん、綱さんのコメントは以下の通り。

 ◇兵頭功海さんのコメント

 ――オファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

 10年も続いているシリーズのドラマなので、とても衝撃でした。もちろん作品は知っていましたし、そこに役者として僕が参加できるということがうれしかったです。

 ――杜氏の弟子・諏訪剛志役を演じるにあたって、心掛けたことは?

 いちばん心掛けたのは師匠の平助さんとの関係性です。平助さんは剛志を弟子として信頼してくださっていますし、剛志も平助さんをものすごく慕っていたので、その2人の関係性に気をつけました。もうひとつは“年齢感”です。剛志は僕の実年齢よりかなり年上なので、年相応の落ち着き、見た目、言葉の発し方などを心掛けました。

 ――主演・上川隆也さんとは初共演でしたが、印象を教えてください!

 とてもやさしい方でした。空き時間などやさしく接していただき、一緒にお芝居できて幸せでした。

 ――「遺留捜査」には、スーパー戦隊シリーズの先輩で、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」にもゲスト出演された永井大さんも出演されていますが、アドバイスなどいただきましたか?

 永井さんとは同じシーンはなかったのですが、「リュウソウジャー」ぶりにお会いすることができて、本当にうれしかったです。僕自身、初の京都での撮影だったので、緊張などもありましたが、永井さんが和ませてくださいました。

 ――第3話では「リュウソウジャー」メンバー・綱啓永さんがゲスト出演されます。ひと足先にご出演された兵頭さんから、次週のゲスト・綱さんにエールをお願いします!

 僕が京都で撮影しているときに「次の第3話のゲスト出演が決まった!」と啓永からメッセージが来て、連絡を取りました。第3話もものすごく楽しみにしています。絶対見ます。

 ――視聴者のみなさまへメッセージをお願いいたします!

 歴史ある作品ですてきなキャストの方々とお芝居させていただいて、本当に貴重な経験をさせていただきました。酒蔵の杜氏の弟子という初めて挑む役柄で、また新しい姿を見せることができるかなと思うので、みなさんにもその姿をぜひ見ていただきたいです。お楽しみに!!!

 ◇綱啓永さんのコメント

 ――オファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

 素直にうれしかったです。「リュウソウジャー」で1年間お世話になったプロデューサーさんがお声がけくださったので、「成長した姿を見せてやる!」という気持ちにもなりました。「遺留捜査」は本当に長く続いている人気作品で、かつキャストがとても豪華な役者さんばかり。そんな作品に自分も参加させてもらえることがとても光栄です!

 ――人気モデル・柊登夢を演じるにあたって、心掛けたことは? 

 人気モデル役なので、まず見た目から変えなきゃなと思い、ジム通いと食事制限をして、3キロほど体重を落としました。あとは、自分自身カメラに撮られることは好きなので、撮影風景のシーンは普段の感じを出しつつ、ポーズなどはいろいろ考えてオーラが少しでも出そうなポーズをチョイスしました(笑い)。

 ――主演・上川隆也さんとは初共演でしたが、印象を教えてください。

 本当に物腰が柔らかい方だなあという印象でした。あんなにもすごく、誰もが知っている方なのに、あいさつ・礼儀を誰よりもしっかりされていて……。印象に残っているのが、僕が現場に先に入っていたときに、大勢のスタッフさんがいる中の小さな隙間から上川さんがポッと顔を出して「おはようございます」と笑顔で言ってくださったこと。上川さんがスタッフさんやファンのみなさまに愛される理由の大事なひとつが見えた気がしました。

 ――「遺留捜査」には、スーパー戦隊シリーズの先輩で、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」にもゲスト出演された永井大さんも出演されていますが、アドバイスなどいただきましたか?

 「撮影風景のシーンのあのポーズ良かったねぇ」と褒めてくださいました(笑い)。また、大人の方々ばかりの中で少し緊張気味の僕に気さくに声をかけてくださって……。「リュウソウジャー」のときから本当に面倒見の良いカッコいい先輩です!

 ――第2話にゲスト出演される兵頭功海さんからのエールに、お返しのメッセージをお願いします!

 “かつくん”には今回のゲスト出演が決まって、すぐに連絡しました。同い年のかつくんからはいつもたくさんの刺激をもらっていて、人として見習っている部分も実はたくさんあります。毎回、役をとても大事に演じているので、今回もどのように演じているのかとても楽しみにしています!

 ――視聴者のみなさまへメッセージをお願いいたします!

 初めての刑事ドラマで、現場の空気感も初めて味わうものでした。その中で揉まれながらも、自分なりに人気モデル・柊登夢を演じました。2021年一発目のお仕事です。ぜひ見ていただきたいです。お楽しみに。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る