さんかく窓の外側は夜:岡田将生、志尊淳、平手友梨奈が真の敵に挑む 本編映像が解禁

映画「さんかく窓の外側は夜」の場面写真(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre
1 / 1
映画「さんかく窓の外側は夜」の場面写真(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

 俳優の岡田将生さんと志尊淳さんがダブル主演を務める映画「さんかく窓の外側は夜」(森ガキ侑大監督、1月22日公開)の本編映像が1月22日、解禁された。映像は、岡田さん演じる冷川理人と、志尊さん演じる三角康介の心霊探偵バディーが、呪いを操る女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈さん)と出会い、真の敵に挑んでいくきっかけとなる、貴重なシーンだという。

 映像は、冷川と三角が英莉可に対して、「刑事・半澤(滝藤賢一さん)の妻・冴子(桜井ユキさん)にかけた呪いを解いてほしい」と依頼をする場面から始まる。呪い屋をしているエリカは、冴子にかけた呪いには、「貯金箱」という人々のけがれを貯めておく装置のエネルギーを使ったため、自分だけでは解けないという。その装置を作ったのは、筒井道隆さん演じる“先生”と呼ばれる、英莉可や英莉可の父が所属する宗教団体の教祖だった……という展開。

 映画は、2013年からマンガ誌「月刊MAGAZINE BE×BOY(ビーボーイ)」(リブレ)で連載中のヤマシタトモコさんの同名ミステリーホラーマンガが原作。霊をはらうことができる冷川と、霊を見ることができる三角の心霊探偵バディーが、除霊を使って謎や事件を解決していく。 

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る