下野紘:連ドラ「レッドアイズ」出演 通信指令センター役 警察用語頻出で「すごく緊張」

「レッドアイズ 監視捜査班」に出演する下野紘さん=日本テレビ提供
1 / 2
「レッドアイズ 監視捜査班」に出演する下野紘さん=日本テレビ提供

 声優の下野紘さんが、1月23日にスタートする人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演することが分かった。ドラマは、実在の警察組織・SSBC(警視庁捜査支援分析センター)をもとにした架空の組織・KSBCの活躍を描くクライムサスペンスで、下野さんは通信指令センターの声を担当する。

 通信指令センターは、事件の発生や操作状況を指令する。下野さんは「ドラマ内で声だけの出演っていうのは初めてなので貴重な経験です」と話し、「僕でいいのかな?っていう思いもすごくありましたし、どんな形での出演なのかちゃんと聞いていなかったので『まさかドラマのさなかに生で(せりふを)言うのかな?』とかドキドキしながら臨みました(笑い)。通信指令センターの声ということで、普段言い慣れない警察用語がたくさんあって……緊張しましたね。すごく緊張しました」と話している。

 収録では普段とは違う苦労もあった様子で、「アニメ(の演技)だとテンションを上げたりして……感情を込めることができるんですけど、実際のドラマで警察官の方が感情を込めて言葉を発することってあまりないじゃないですか。だからそこを意識すると……ますます緊張するというか(笑い)。(せりふの内容を)明瞭にはっきりと伝えないといけないし……気持ちを入れすぎてはいけないし、テンションを上げすぎてもいけないし……どうしよう!と思ってやっぱり緊張はしましたね(笑い)。でも、楽しかったです!」と笑顔で語った。

 下野さんは、通信指令センター以外にも「いろいろな声で出演させていただいておりますので、皆様よろしければぜひ見ていただければうれしいなと思います」と明かした。1月23日放送の第1話以降も、各話に声優として出演するという。

 ドラマは、婚約者を殺害された過去がある特別捜査官・伏見響介(亀梨さん)が主人公。響介は、全員元犯罪者というKSBCの民間捜査員と共に、全国にある約500万台の監視カメラ映像など、日本国中から集まるビッグデータを駆使して凶悪犯を追い詰めていく。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る