レッドアイズ 監視捜査班:亀梨和也の演技力が視聴者圧倒「すごい迫力」「引き込まれる」 感情伝わる目の演技が話題

連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話のワンシーン=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さんが主演を務める連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(日本テレビ系、土曜午後10時)第1話が、1月23日に放送された。劇中では、恋人を殺害された過去を持つ主人公の伏見響介(亀梨さん)が、怒りと憎しみから我を忘れて取り乱すシーンが登場。亀梨さんの迫真の演技に視聴者は「すごい迫力」「引き込まれる……」「目力にやられた……」「心持ってかれた」「響介に感情移入しちゃって体が震えた」と圧倒されていた。

 ドラマは、実在の警察組織SSBC(警視庁捜査支援分析センター)を基にした架空の組織KSBCの活躍を描くサイバークライムサスペンス。特別捜査官の伏見響介が、元犯罪者が集まるKSBC(神奈川県警捜査支援分析センター)の民間捜査員と共に、全国にある約500万台の監視カメラ映像など、日本中のビッグデータを駆使して凶悪犯を追い詰める。

 第1話では、公園の駐車場で女性が襲われ、男に連れ去られる事件が発生。KSBCチームの伏見と元自衛官の湊川(シシド・カフカさん)は追跡を開始するが、犯人の車は監視カメラのない山間部に入ってしまう。犯人による動画配信を手がかりに、伏見は鋭敏な観察眼で居場所をあぶり出す。

 タイムリミットが迫る中、伏見たちはギリギリのところで犯行を食い止めることに成功するが、事件の犯人がかつて自身の婚約者を殺した男と似た青いコートを着ていたことから、伏見は逆上してしまう。しかし、犯人の右腕にある傷が、婚約者殺しの犯人のものとは違うことに気付き、冷静さを取り戻す……という展開だった。

 劇中では、伏見が婚約者の亡きがらを前に泣き崩れた直後、赤く目の色を変えて憎しみが込み上げる場面も登場。SNSでは「復讐(ふくしゅう)を決意した時の目にゾッとした」「悲しみの目から憎しみ怒りへの目に変わったところ、鳥肌立った」「せりふの無い目だけの演技がすごかった」「目だけで表現する感情がスゴすぎ」「目で語る演技が素晴らしい」と“目の演技”が話題を呼んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る