24 JAPAN:第16話 “殺し屋”武田航平の正体が判明 “現馬”唐沢寿明の極秘追跡作戦は?

唐沢寿明さん
1 / 1
唐沢寿明さん

 唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「24 JAPAN」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)第16話が1月29日に放送される。

 CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長に復職した獅堂現馬(唐沢寿明さん)と、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵さん)が過去に共に関わっていた「夜のとばり作戦」。麗暗殺計画の動機にもつながると考えられる作戦で、指揮を執っていたCTU大阪支部の番場衛二(六角精児さん)が何者かに殺された。

 そんな中、殺し屋のアレクシス・林(武田航平さん)が「夜のとばり作戦」で死亡したテロ組織の元締めの息子と判明。間もなく現馬は麗から、麗の選対スタッフ・真行寺三保(皆本麻帆さん)がアレクシスと男女の仲で、ホテルで会う約束をしている、との情報を入手。現馬はアレクシスの動向を極秘追跡するための綿密な作戦を練るが、その矢先に急きょ、任務の指揮をCTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎さん)が執ることになる……。

 ドラマは、米ドラマ「24-TWENTY FOUR-」シーズン1をベースに、日本初の女性総理誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間が描かれる。日本版ジャック・バウアーこと獅堂現馬が、CTUのメンバーと共に日本初の女性総理候補・朝倉麗の暗殺計画阻止という極秘任務にあたる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る