失格紋の最強賢者:“なろう系”ラノベがテレビアニメ化 玉城仁菜、鈴代紗弓、白石晴香、井澤詩織が出演

「失格紋の最強賢者」のビジュアル(C)進行諸島・SB クリエイティブ/「失格紋の最強賢者」製作委員会
1 / 4
「失格紋の最強賢者」のビジュアル(C)進行諸島・SB クリエイティブ/「失格紋の最強賢者」製作委員会

 小説投稿サイト「小説家になろう」から生まれたライトノベル「失格紋の最強賢者」がテレビアニメ化されることが1月31日、分かった。秋田谷典昭さんが監督を務め、内田裕基さんがシリーズ構成を担当。J.C.STAFFが制作する。玉城仁菜さんが元賢者のマティアス=ヒルデスハイマーを演じるほか、鈴代紗弓さんがルリイ=アーベントロート役、白石晴香さんがアルマ=レプシウス役、井澤詩織さんがイリス役として出演する。

 玉城さんは「最強賢者とうたわれるほど強いのに、ちょっと鈍感なところがあったり、意外と仲間思いだったり……。そんなマティ君の格好よくて可愛いらしい魅力をお伝えできるよう、精いっぱい演じさせていただきます! よろしくお願いします!」と意気込んでいる。

 原作者の進行諸島さんは「マティアスの無双ぶりをアニメで見られるのはとてもうれしいです。もちろんルリイやアルマ、イリスの活躍も今からすごく楽しみです。一視聴者として、ぜひ一緒に楽しませていただけたら幸いです!」とコメント。

 イラストを担当する風花風花さんは「『失格紋』といえば、思い返せば1巻が大体4年前……。えっ4年? うそでしょう? 光陰矢のごとしです……。ともあれ、イラストレーターとして自分のデザインしたキャラクターたちがアニメという形で動くのを見られるだなんてこれ以上の幸せはありません。また、応援してくださっている方々にこのようなご報告ができる日を迎えられたことがとてもうれしいです。この場を借りて心からの感謝を。ありがとうございます」と話している。


 「失格紋の最強賢者」は、世界最強の魔法使いと呼ばれながら、生まれ持った紋章の性能に限界を感じていた賢者のガイアスが、未来の世界に転生し、世界の常識を次々と打ち壊していく……というストーリー。GA文庫(SBクリエイティブ)からライトノベルが刊行されており、シリーズ累計発行部数は400万部以上。同作と同じく進行さん作、風花さんイラストのライトノベル「転生賢者の異世界ライフ」もアニメ化が発表された。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る