俺の家の話:長瀬智也のプロレスシーン「すごすぎ」と話題 ラストの西田敏行とのやりとりも注目 「名作になる」の声も

人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」の第3話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」の第3話のワンシーン(C)TBS

 人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さん主演の連続ドラマ「俺の家の話」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が2月5日、放送された。寿一(じゅいち)役の長瀬さんのプロレスシーンについて、視聴者からは「長瀬君のプロレスシーンすごすぎ!!」「めっちゃカッコいい!」などのコメントが続々と上がっていた。

 第3話では、“スーパー世阿弥マシン”として、プロレスする寿一の姿を、寿三郎(西田敏行さん)とさくら(戸田恵梨香さん)が観戦するシーンが放送された。これまで寿三郎から褒められたことがなかった寿一だったが、ラストでは、寿三郎から「今日さ、ものすごい体幹の強いレスラーがいたんだよ。あいつ、プロレスなんかやめて能やればいいのになと思ったな。世阿弥なんとかっつーんだけどさ、お前知らねえだろ?」と褒められ、寿一はそっけなく「知らねえ」と話しつつも、うれしそうな笑顔を見せていた。

 ツイッターでは、「#俺の家の話」がトレンド2位となるなど、盛り上がりを見せ、「一切褒められなかった息子が、まさかプロレスを通じて能の素質を認められるとは……この二人の掛け合いの妙が最高なドラマ」「プロレスもできて能もできるって、ほんと何者なの!? スーパー世阿弥マシーンならぬ、スーパー長瀬サイコーかよ」「プロレスシーン素晴らしい」「世阿弥マシン最高」などの声が上がっていた。

 ドラマについては、「3話ヤバい泣いたすごいな」「どんどん面白くなってるな。リアルをコミカルに見れるのがすごい」「『俺の家の話』は名作になりますな」「毎回面白いし重いし最後ジーンとくるんだよね。絶妙なバランス、どうやって組み立ててるんですかクドカンさん!」という感想が書き込まれていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る