知ってるワイフ:第6話視聴率7.8% “元春”大倉忠義が“澪”広瀬アリスの母捜索に協力

連続ドラマ「知ってるワイフ」第6話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「知ってるワイフ」第6話のワンシーン(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の大倉忠義さん主演の連続ドラマ「知ってるワイフ」(フジテレビ系、木曜午後10時)第6話が2月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は7.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。

 「知ってるワイフ」は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネル「tvN」で2018年に放送された同名ドラマが原作。大倉さん扮(ふん)する主人公・剣崎元春が過去にタイムスリップし、“モンスター化”した妻(広瀬アリスさん)を入れ替えようとする……という“ファンタジーラブストーリー。

 第6話では、元春は、澪(広瀬さん)と津山千晴(松下洸平さん)の交際を応援しようと決める。さらに、元春は、現在の妻、沙也佳(瀧本美織さん)との円満な結婚生活を築こうと努力する。ある日、沙也佳から「早く帰ってきてほしい」と言われ、家路を急ぐ元春は、偶然、道で泣いている澪を見つける。澪の母の久恵(片平なぎささん)の行方が分からなくなったと言われ、久恵を捜すのに協力。無事に久恵を発見するが……という展開だった。

テレビ 最新記事