乃木坂46山下美月:“あざカワマドンナ”、ビールの飲みっぷりに「飲みいったら絶対楽しい」「まじ可愛い!」と反響

2月13日放送の「あざとくて何が悪いの?」に出演した山下美月さん
1 / 1
2月13日放送の「あざとくて何が悪いの?」に出演した山下美月さん

 2月13日放送のバラエティー番組「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系、土曜午後9時55分)で、アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さんと、バンド「インナージャーニー」のKaitoさんがダブル主演する連続ドラマ企画の第3話が放送された。第3話には、山下さん演じる瀧川さくらが、親友と居酒屋で大好きなビールを飲みながら語らうシーンがあり、SNSでは「気持ちいい飲みっぷり」「飲みいったら絶対楽しい」「まじ可愛い!」などの声が視聴者から上がった。

 ドラマは「あざとい女性は幸せになれるのか?」がテーマ。大学を舞台に、周囲から「あざとカワイイ」と評判のサッカーサークルのマドンナ・さくらの姿を全6話で描く。あざとく振る舞い、周囲を笑顔にしてきた自分に疑問を持ち始めたさくら。第3話では、自身の理想の彼女像を強要し続ける彼氏の言葉に疲弊し始めていたさくらが、親友との居酒屋での気が置けない女子会の最中に、店のアルバイトだったクールな後輩・ツバサ(Kaitoさん)と遭遇。ツバサから「なんか全然サークルの時と違いますね」「カワイイですよ。本気で笑っている感じ」と声を掛けられる……という展開だった。

 「あざとくて何が悪いの?」は、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんとタレントの田中みな実さん、テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが出演し、ミニドラマを基に“あざとい女子”について語り尽くす。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る