田中哲司&佐藤隆太:「SPEC」シリーズ最新作は冷泉が主役 レモンかじりは「体が覚えていて嫌がる」

ドラマ「SPEC サーガ黎明篇『Knockin’on 冷泉’s SPEC Door』~絶対預言者 冷泉俊明が守りたかった幸福の欠片~」に出演する田中哲司さん(左)と佐藤隆太さん
1 / 3
ドラマ「SPEC サーガ黎明篇『Knockin’on 冷泉’s SPEC Door』~絶対預言者 冷泉俊明が守りたかった幸福の欠片~」に出演する田中哲司さん(左)と佐藤隆太さん

 ドラマ「SPEC サーガ黎明篇『Knockin’on 冷泉’s SPEC Door』~絶対預言者 冷泉俊明が守りたかった幸福の欠片~」が、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で2月18日午前0時から独占配信される。本作は、2010年に放送された人気ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」(TBS系)に登場した預言者・冷泉俊明が主役。シリーズを通して冷泉を演じ「自分が参加しているのが不思議」という田中哲司さんと、「遊び心」を大事に若かりし日の冷泉を演じたと話す佐藤隆太さんに作品や撮影、欲しいSPECなどを聞いた。

◇「SPEC」シリーズ再出演に感慨

冷泉は特殊能力(SPEC)を持つ個性あふれる「SPECホルダー」の中でも、独特のファッションや物語を左右するような予言の数々でとりわけ異彩を放っていたキャラクター。冷泉で新作を制作と聞いた際、田中さんは「冷泉の若いころを自分が演じるのは無理ではないかと感じたのが正直なところです。若いときの冷泉を佐藤君がやってくれると聞き、胸をなで下ろしたことを覚えています」とちゃめっ気たっぷりに振り返る。

 「SPEC」シリーズの思い出を聞くと、田中さんは「見返したのですが面白いですね。1話から見て『これはヒットする』って改めて感じましたし、そこに自分が参加しているのが何か不思議でした」と切り出し、「10年後という節目に参加できることはありがたいなと思います」としみじみ語る。

 制作発表会見で「若かりし頃といっても40歳」とコメントしていた佐藤さんは、冷泉となる前の鈴木利明役のオファーに、「うれしかったですし、『いい』と言ってくださるなら『ぜひやらせてください』と思いましたが、はじめは『えっ?』『年齢的に俺じゃないでしょう』みたいな感じでした(笑い)」と心境を明かし、「僕が今年41歳になるので、10年前に冷泉を演じられていたタイミングの哲司さんと同じぐらいの年(※田中さんは当時44歳)になるのかな。近いですね」と不思議なシンパシーを感じたという。

◇「理由を付けて自由に」演じた佐藤の若き日の冷泉を田中が絶賛

 冷泉というキャラクターの印象について佐藤さんは、「バーンと予言をするときの絶対的な存在感の一方で、ちょっとファンキーなところがあり、そこが垣間見えるところがすごく好き」と切り出し、演じるにあたって「『冷泉の過去だからこうしなきゃ』というのではなくて、ちょっと遊び心があってもいいのかなと前向きにとらえさせていただき、自由にやらせてもらいました」と考えていたことを説明する。

 そんな佐藤さんが演じる若き日の冷泉を見て、田中さんは「素晴らしかったですね。体当たり演技という感じのガンガンぶつかって思いっきり演技している感じが爽やかで良かった」と絶賛。「いやいや。そんなことないですよ」と謙遜する佐藤さんだが、予言をする際にレモンをかじるという冷泉“お約束”のシーンでは、「最初は酸っぱいんですけど途中から苦みがもう……。歯茎が痛くなるし(体が)拒否反応を起こすんです」と大変さを明かす。

 すると田中さんも「体が覚えていて嫌がるんだよね。(自分は)今回そんなにかじらなかったけど、たしかに(かじりすぎると)歯茎が痛かったのは覚えている」とうなずき、「自分の撮影は大変だと言っていたけど、佐藤君はレモンをかじる個数もかなり多いし、撮影シーンが大量にあったので大変だなって思いました」と佐藤さんの苦労を思いやる。

◇ほしいSPECの内容に2人の個性が

 シリーズには数多くのSPECが登場するが、実在するとしたら「どんなSPECがほしいか」という質問に、田中さんは「過去に戻れる」、佐藤さんは「携帯のカメラ機能を停止させる」と回答。その理由について田中さんが、「いろいろミスをしてきたので、過去に意識だけ戻ってやり直し、それで現在に戻ってきてどうなっているか垣間見れる能力がいいです」と説明すると、佐藤さんは「それはしてみたいですね。でも、ちょっとしたことを修正するだけでまったく変わっちゃうんでしょうね。そんな怖さもあるけど、手にしたい能力ですよね」とうなずく。

 一方、佐藤さんは「僕自身はまだいいですが、街で家族といるときに子どもがカメラ向けられるのには違和感があります。持ち主の方に肉体的なダメージは与えずピンポイントでレンズだけ使用不可にする。ウインクしたら電源が落ちるみたいなのがいいですね」と父親の顔をのぞかせ理由を語る。

 聞いていた田中さんが「なんだか小さめだけど面白いね(笑い)。もっとすごいSPECを持っていれば、それもできちゃうよね」と切り返すと、佐藤さんも「そうですね(笑い)。『大は小を兼ねる』じゃないですけど、もっとありますね」と笑いつつ、「でもどれだけ能力が大きくなったとしても、カメラ機能を止める力を兼ね備えたSPECがいい」とこだわりを見せていた。

◇新作ドラマは“「SPEC」感”が満載

 本作は「SPEC」放送から10年を超えた記念作品として制作されたが、田中さんは「SPEC」という作品について、「堤(幸彦)監督作品に初めて参加できた作品で、独特の撮影に面食らいつつ楽しかった現場でした」と当時を振り返り、「10年前にがむしゃらにやったことが、10年後にまたやらせてもらえる。堤さんの他作品も出させてもらっていますが、撮り方にようやく最近なじんできました(笑い)。10年くらいかかるんだなって感慨深い感じでした」と冗談を交えつつ思い入れたっぷりに話す。

 自身の連続ドラマ初出演作となった「池袋ウエストゲートパーク」で堤監督と出会った佐藤さんは、撮影現場の様子を「ほかの現場ではなかなか味わえない、思い切った芝居を面白がってくださることが多い。一方で『そこは違う』『それはなくてもいい』などを気持ち良く言ってくださる。そういうのが心地よく楽しい現場」と語る。

 ドラマの見どころについて、佐藤さんは「『SPEC』の世界観をギュッとまとめて楽しませてくれる作品。小ネタもいっぱい入っているので何回も見直していただいても楽しいと思いますので、思いっきり堪能していただければ」とアピール。

 田中さんは、「すべての役が“生きている”というか総力戦の作品」と切り出し、「『SPEC』の世界観がこれでもかというぐらい出ていて、佐藤君が冷泉の若い頃をやっても違和感なく、世界観にどっぷり浸(つ)かっていて『SPECだな!』と感じられるので、ファンの方にもすごく喜んでもらえるはずです」とメッセージを送った。(取材・文・撮影:遠藤政樹)

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る