監察医 朝顔:第15話・最終章開始 “朝顔”上野樹里らが海外で自殺とされた遺体を再解剖へ

連続ドラマ「監察医 朝顔」第15話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 9
連続ドラマ「監察医 朝顔」第15話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)第15話「最終章スタート!遺族の希望で承諾解剖!? 万木家の正月」が2月22日に放送される。お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の肥後克広さん、お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之さん、女優の美保純さん、菅野莉央さんらがゲスト出演する。

 朝顔(上野さん)は桑原(風間俊介さん)、つぐみ(加藤柚凪ちゃん)、平(時任三郎さん)の4人で年末年始を過ごす。朝顔は三が日明けに訪ねてくる桑原の両親や忍(ともさかりえさん)一家を迎える準備をする。

 その矢先、朝顔は、興雲大学法医学教室の元教授、夏目茶子(山口智子さん)から承諾解剖の相談をされる。相談された遺体は欧州某国のホテルで首をつった痕跡があり、現地で解剖された結果、自殺と断定された猿渡正夫。猿渡は、妻の佳織(美保さん)、一人娘の優香(菅野さん)と3人で暮らしていたが、突然姿を消し、家族から捜索願が出されていた。

 佳織と優香から事情を聴くと、再解剖を強く希望しているのは優香だった。朝顔たちはそれに応えることにするが……。

 肥後さんは、神奈川県警察で相談員として働く糀谷晴一を、塙さんは忍(ともさかりえさん)の夫・桑原博人を演じる。

 原作は、マンガ誌「漫画サンデー」(実業之日本社、現在は休刊)で連載された作・香川まさひとさん、画・木村直巳さん、監修・佐藤喜宣さんの同名マンガ。設定をアレンジし、東日本大震災で母が行方不明となった法医学者の朝顔と、朝顔の父でベテラン刑事の平が、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かす様を描くヒューマンドラマ。第2シーズンは2クールで描かれる。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る