オー!マイ・ボス!恋は別冊で:“潤之介”玉森裕太VS“中沢”間宮祥太朗 “奈未”上白石萌音への思い交差、恋のバトル開戦

連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話のワンシーン(C)TBS

 女優の上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)第7話が2月23日に放送される。同話では、上白石さん扮(ふん)する主人公・奈未をめぐって、玉森裕太さん演じる“子犬系男子”潤之介と、間宮祥太朗さん演じる“ ツンデレ先輩”中沢が恋のバトルを繰り広げるという。

 ドラマは、ファッション誌編集部を舞台に、地方育ちの平凡な主人公・鈴木奈未(上白石さん)が、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に、恋に全力で突っ走る“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。

 前週第6話では、潤之介(玉森さん)が、理緒(倉科カナさん)を抱きしめる様子を目撃し、ショックを受けた奈未は、編集部で遥(久保田紗友さん)に話を聞いてもらうと、思わず涙してしまう。そんな奈未の様子を見ていた中沢(間宮さん)は、潤之介に「俺が言うのもなんだけど、もうちょっと気にかけてやったら?」「あんたがそんなんなら俺、遠慮しないから」と“宣戦布告”。ラストでは、中沢が奈未に「俺、お前のこと好きだわ。俺なら、お前のこと泣かせない」と思いを告げる……という展開だった。

 第7話では、潤之介と中沢の奈未への思いが交差し、奈未は子犬系男子の潤之介だけでなく、ツンデレ先輩・中沢にも振り回されることになる。
 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る