鈴木達央:「七つの大罪」最終章 バンを演じ続け「心情と呼応」 力強さや苦悩が声に

「七つの大罪 憤怒の審判」でバンを演じる鈴木達央さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」でバンを演じる鈴木達央さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~2020年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。2014年にスタートしたテレビアニメ第1期からバンを演じているのが鈴木達央さんだ。約7年にわたってバンを演じる中で感じていることを「バンの心情と呼応するかのように力強さや苦悩が声により乗るようになりました」と語る鈴木さんに、作品、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇エレインを何よりも誰よりも大切にすること、愛すること 

 --ここまで「七つの大罪」に出演して感じていること、作品やキャラクターの魅力を教えてください。

 各キャラクターたちの生きざまが見えることが、作品の魅力の一つだと思いますし、それと同時に次々と繰り出される戦闘シーン、ハッとさせられる恋愛模様など、ジャンル分けされそうな要素をこれでもかと全部詰め込んであるところも、「七つの大罪」の魅力だと思っています。

 --演じる中で意識していることを教えてください。

 せりふの音符マークは意識するようにしていますね。あとは、エレインを何よりも誰よりも大切にすること、愛すること。これは絶対的です。

 --長きにわたって演じる中で変化はありましたか?

 バンの心情と呼応するかのように力強さや苦悩が声により乗るようになりました。役と共に歩くという経験が年々、彼を理解するきっかけにもなっています。

 --「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦はありますか?

作品の中で生きることですかね。

 --最終章の見どころを教えてください。

 彼らの旅の終着点をぜひ見逃さずに見届けてほしいです。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る