天国と地獄 ~サイコな2人~:綾瀬はるかが柄本佑に“悪魔のキス” 「骨抜きにされた」「頭から離れない」と視聴者興奮

連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第7話のワンシーン(C)TBS
1 / 7
連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第7話のワンシーン(C)TBS

 女優の綾瀬はるかさんが主演を務めるTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)の連続ドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」第7話が2月28日に放送された。同話では、魂は日高(高橋一生さん)の彩子(綾瀬さん)が、渡辺陸(柄本佑さん)に強引にキスをして、陸が意識を失うシーンが描かれ、SNSには「これこそ悪魔のキス」「陸が骨抜きにされた」「魂取られた、陸」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 同話で、ロッカーから連続殺人事件の証拠品がなくなっているのに気付いた彩子<魂は日高>は、陸の仕業だと考える。数日後、陸が日高<魂は彩子>のマンションに入ると、彩子<日高>が待ち伏せしていた。ドアに足を挟み痛がる彩子<日高>に優しく声をかけたところ、彩子<日高>に頭を押さえつけられ、強引にキスされる。キスの最中に、陸は力が抜け意識を失ってしまった。さらに、証拠品を彩子<日高>に奪われる……という展開だった。

 視聴者からは、「こんなに面白いキスシーン見たことない」「頭から離れないキスシーン」「陸と一緒に私も骨抜きにされたみたい」という声とともに、「薬を盛られたのかな?」「このキスも何かの伏線になるのかな…」といった感想も上がっていた。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る