ドラゴン桜:令和の“東大クラス”生徒は誰? シルエット収めたポスタービジュアル公開

4月スタートの連続ドラマ「ドラゴン桜」続編のポスタービジュアル
1 / 1
4月スタートの連続ドラマ「ドラゴン桜」続編のポスタービジュアル

 俳優の阿部寛さん主演で、4月スタートの連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)の続編から、ポスタービジュアルが3月3日、公開された。主人公・桜木建二役の阿部さん、桜木の元教え子・水野直美役の長澤まさみさんをセンターに配置。桜木が教える“東大クラス”の生徒や、ストーリーに深く関わる人物の姿がシルエットで写し出されている。

 ドラマは、三田紀房さんの同名マンガが原作。前作では、元暴走族で弁護士の桜木建二が「倒産寸前、低偏差値」の私立龍山高校に赴任し、超進学校に再生させるため生徒と奮闘する姿を描いた。続編は2018年からマンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の「ドラゴン桜2」が原作で、前作の原作である「ドラゴン桜」の15年後を描く。

 前作には、“東大クラス”の生徒役で山下智久さん、長澤さん、小池徹平さん、新垣結衣さん、中尾明慶さん、紗栄子さんが出演。SNSなどでは、続編の生徒役が誰になるのか、早くも注目が集まっている。

 番組側によると、続編の生徒役は「1000人に及ぶ応募の中から選考された次世代のトップランナー候補たち」で、3月中旬から発表されるという。ツイッター上では、今回公開されたポスタービジュアルのシルエットをもとに、ハッシュタグ「#ドラゴン桜予想」を用いたキャスト予想ツイートが話題になっている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る