江戸モアゼル:第9話 “仙夏”岡田結実、“蔵地”葉山奨之と交際開始

連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」第9話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 5
連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」第9話のワンシーン=読売テレビ提供

 女優の岡田結実さん主演のドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第9話が3月4日に放送される。

 花魁(おいらん)・仙夏(岡田さん)は、蔵地(葉山奨之さん)との不器用な恋を実らせ、ついに交際を始める。一方で、江戸に戻る方法を探していた長兵衛(一ノ瀬颯さん)は、タイムスリップする条件が10日後にそろうこと、このタイミングを逃すと二度と帰れなくなることを突き止めた。

 そんなことなど知る由もない仙夏と蔵地は、初めてのデートへ。ところが、その帰り道、仙夏は高熱を出して倒れてしまう。翌日、体調は回復するものの、仙夏から「江戸の記憶」が薄れ始めていた。そして江戸に帰るカギを握る大八車を巡り、長兵衛と蔵地の間でバトルが……。

 原作は江戸キリエさんのマンガ「江戸モアゼル」。野暮(やぼ)なこと、筋が通らないことを嫌い、客だろうがお大尽(だいじん)だろうがキッチリと言い負かす、気風(きっぷ)のいい愛すべき江戸の花魁・仙夏が、現代に突然タイムスリップ。「コミュニケーション下手で、恋に奥手な令和男」を中心に恋の四角関係を繰り広げる。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る