交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション:最終作「EUREKA」メカニックデザインに大河原邦男 メカデザイン公開

「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」に登場するウルスラグナのビジュアル(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE
1 / 6
「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」に登場するウルスラグナのビジュアル(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE

 人気アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の第3弾で最終作となる「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」で、大河原邦男さんがメカニックデザインとして参加していることが3月5日、明らかになった。大河原さんがデザインしたウルスラグナ、オデッセイも公開された。

 ウルスラグナは、ジェットボードを操り、高機動の空中戦を行うことができるプライムドレス(強攻防護機械化装甲歩兵)。“鋼鉄の魔女”と呼ばれるエースパイロットが搭乗する機体SCT-A7Aは強襲強化型で、ドローンを搭載し、敵の無力化を計ることができる。SCT-J7G(統合歩兵型)、SCT-S7E(支援電子戦型)なども存在し、編隊を組んでの戦闘で力を発揮する。

 オデッセイは、現在主力として使われているKLF。下半身がまるごとジェットエンジンで、空中戦に特化している。指揮官機は両腕がガンランチャーになっており、エンジン上部にはミサイルランチャーを搭載する。

 大河原さんは「京田(知己)監督との仕事は初めてでしたがオデッセイ、ウルスラグナ両機のコンセプト&ギミックアイデアを明確にお持ちでした。それを素直に表現すればよかったので合理的で楽しい仕事となりました。手描きアニメということでしたので、なるべく線を少なく形の取りやすいデザインを心掛けましたが、時代の流れでしょうか、昔から比べると線が多くなってしまいました。メカたちの活躍を楽しみにしておりますがこれを動かすアニメーターさんのご苦労を考えると複雑な気持ちになります。1972年竜の子プロの上司、中村光毅さんの勧めでメカデザインの道を歩み始めてもうすぐ半世紀になりますが、皆様に今でもお声掛けいただけることに感謝です。ありがとうございます」とコメントを寄せている。

 「エウレカセブン」は、英雄だった父・アドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、戦いに巻き込まれていく……というストーリー。テレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」が2005~06年に放送された。

 「ハイエボリューション」シリーズは、テレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同じくボンズが製作。第1作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が2017年9月、第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が2018年11月に公開された。「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が2021年初夏に公開される。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る