金曜ロードショー:「金曜ロードSHOW!」から9年ぶり復活 ロゴも初代に近いデザインに 

「金曜ロードショー」のロゴ
1 / 5
「金曜ロードショー」のロゴ

 日本テレビ系の映画枠「金曜ロードSHOW!」(金曜午後9時)のタイトルが4月2日の放送から「金曜ロードショー」に変更されることが3月5日、明らかになった。タイトルに「ショー」表記が含まれるのは、同放送枠が設けられた1985年から、2012年3月まで採用されたタイトル「金曜ロードショー」以来9年ぶり。

 タイトル変更に合わせて、同放送枠のロゴも変更された。ロゴが変わるのは、2018年7月20日の放送から現在のロゴに変更されて以来、約3年ぶり、4度目の変更になる。新たなロゴは、初代「金曜ロードショー」ロゴのデザインがモチーフになっている。「ド」の濁点は目玉の形になっており、「さまざまな名作、大ヒットした話題作など、皆様に“注目”していただけるような作品をお送りしていきたい」という思いが込められているという。

 タイトル変更後の4月2日は、スタジオジブリの劇場版アニメ「ハウルの動く城」(2004年)、同9日は「ゲド戦記」(2006年)がそれぞれ放送される。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る