テレビ東京:WBSの枠移行など生活スタイルに合わせた“史上最大改編” テーマは「思い切り第一歩」

2021年4月期の番組編成を発表したテレビ東京のロゴ
1 / 1
2021年4月期の番組編成を発表したテレビ東京のロゴ

 テレビ東京は3月5日、4月期の番組編成を発表した。今回の改編のテーマは「思い切り第一歩 新テレ東はじめます」。今回の目玉は、経済ニュース番組「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の枠移行で、これまでの月~金曜午後11時から午後10時に放送時間が移動(金曜のみ午後11時)。大庭竹修編成部長は「一番の狙いは生活スタイルの変化に合わせた改編」で、「一般の人たちが見やすい時間帯」への移行だと語った。

 改編率は全日帯は35.4%、ゴールデン帯(午後7~10時)は22.1%、プライム帯(午後7~11時)は36.3%と高めの数字となった。

 「WBS」の枠移行に伴い、月~木曜に午後11時6分からの新枠を編成。月曜はドラマ枠「ドラマプレミア23」を新設。第1弾として、4月5日から中村倫也さん主演の「珈琲いかがでしょう」が放送される。火曜は、ビートたけしさんと国分太一さんによる新番組「23時の密着テレビ『レベチな人、見つけた』」が3月30日からスタート。水曜には、現在火曜深夜に放送中の「あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ?~」が移行する。

 木曜は、「日経スペシャル カンブリア宮殿」が現在の午後10時からそのまま約1時間スライドして放送。火曜午後10時に放送中の「ガイアの夜明け」は、4月2日から金曜午後10時に放送時間を変更する。

 ドラマは、毎週土曜11時25分に「サタドラ」枠を新設。第1弾として本仮屋ユイカさん主演の「私の夫は冷凍庫に眠っている」が、4月10日からスタートする。そのほか「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~Season5」「DIVE!!」「ゆるキャン△2」などが4月からスタートする。

 アニメでは、4月9日から毎週金曜午後7時25分に「新幹線変形ロボ シンカリオンZ(ゼット)」が放送。昨年10月から毎週金曜午後6時55分に放送中の「ポケットモンスター」に続く編成で、新たなアニメゾーンを作り出す。そのほか「SHAMAN KING」「妖怪ウォッチ♪」などが4月からスタートする。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る