おちょやん:第13週視聴率18.1% 「一人やあれへん」父・天海を恨んできた一平 事実に直面

NHK連続テレビ小説「おちょやん」の主演・杉咲花さん
1 / 1
NHK連続テレビ小説「おちょやん」の主演・杉咲花さん

 女優の杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第13週「一人やあれへん」(3月1~5日)の週間平均視聴率(世帯)が18.1%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区)だったことが3月8日、分かった。

 第13週は、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎さん)から、父親の名前を継ぎ、二代目天海天海を襲名するよう言われた一平(成田凌さん)だったが、周囲の期待をよそに断ってしまう。女好きで、母を追い出した父・天海を、今でも恨んでいる一平。千代(杉咲さん)は、そんな一平を連れ出し、京都に向かうと、一平の母・夕(板谷由夏さん)の手掛かりをつかむ。

 やがて、父・天海に関して、到底想像できない事実が判明すると、一平は二代目天海天海の襲名公演をもって、芝居を辞める覚悟をする。そこで千代は、天海親子のすべてを知るハナ(宮田圭子さん)から託された、初代天海天海の思いを一平に届ける……という展開だった。

 「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。明治の末に大阪・南河内の貧しい家に生まれた千代が、華やかな芝居の世界に魅せられ、自らも女優を目指すようになる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る