100日後に死ぬワニ:劇場版アニメ「100日間生きたワニ」 杉田智和がワニの父に 母は池谷のぶえ

劇場版アニメ「100日間生きたワニ」のワニの母役の池谷のぶえさん(左)とワニの父役の杉田智和さん
1 / 4
劇場版アニメ「100日間生きたワニ」のワニの母役の池谷のぶえさん(左)とワニの父役の杉田智和さん

 SNSで話題となったきくちゆうきさんのマンガ「100日後に死ぬワニ」が原作の劇場版アニメ「100日間生きたワニ」(上田慎一郎監督、ふくだみゆき監督、5月28日公開)に声優として杉田智和さん、池谷のぶえさんが出演することが3月10日、分かった。杉田さんは主人公・ワニの父、池谷さんはワニの母をそれぞれ演じる。

 杉田さんは「短い間ですが、父親を演じると、彼のことを本当の息子のように思えてきました。ワニ君が望んでいた未来は何だったのか。それは本ワニにしか解(わか)りませんが、恐らく、いさかいや争いを望んではいなかったと思います。そうであってほしい」とコメントを寄せている。

 池谷さんは「私は掲載の途中から追い始め、100日後を見届けてからはじめに戻る……という原作との出会いでした。100日という区切られた時間で人生を見つめると、普段雑に過ごしてしまいがちな一日一日が、なぜこんなにもいとおしく思えるのでしょう。今回映画では『100日間生きた』という視点で描かれています。実存は消えてしまっても、残された者たちの中にはずっと生き続けるのだな……と、また違った日々のいとおしさを感じます」と話している。

 「100日後に死ぬワニ」は、主人公のワニや友人の日常を描いたマンガ。作者のきくちさんのツイッターに2019年12月12日から毎日投稿され、2020年3月20日に最終回となる第100回が公開された。最終話は、いいねの数が約214万という国内ツイッターの歴代最多数を記録するなど話題となった。

 劇場版アニメは、俳優の神木隆之介さんが主人公・ワニを演じるほか、中村倫也さん、木村昴さん、新木優子さんが声優として出演する。映画「カメラを止めるな!」で知られる上田さんと、上田さんの妻でアニメーション監督のふくださんが監督、脚本を担当する。アニメーターの湖川友謙さんがコンテ・アニメーションディレクトとして参加し、音楽プロデューサーの亀田誠治さんが音楽を担当。TIAが制作する。3人組音楽ユニット「いきものがかり」が主題歌を担当する。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事