君と世界が終わる日に:“響”竹内涼真&“来美”中条あやみ 恋人を襲う悲痛な運命 2人に起こった“負の連鎖”振り返る

連続ドラマ「君と世界が終わる日に」の場面写真=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「君と世界が終わる日に」の場面写真=日本テレビ提供

 日本テレビ系で日曜午後10時半に放送中の連続ドラマ「君と世界が終わる日に」。本作は“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界を舞台に、離れ離れになってしまった恋人同士の間宮響(竹内涼真さん)と小笠原来美(中条あやみさん)が、互いに再会を目指して奮闘する姿を描いている。そんな中、3月8日に放送された第8話では、ようやく2人に再会の機会が訪れた。しかし、仲間を奪われた復讐(ふくしゅう)心に燃える響は来美に気づかず、“復讐相手”として攻撃。自らの“武器”である弓で来美を射抜いてしまう……という衝撃の展開となり、視聴者を騒然とさせた。14日の第9話の放送を前に、これまで2人を襲った悲劇を振り返りたい。

 ◇突如奪われた幸せな日常… 事故きっかけに“終末世界”へ

 自動車整備工として働く響は、研修医で高校時代からの恋人・来美と同棲(どうせい)をしていた。響が来美にプロポーズしようとしていたその日、いつも通り職場に向かった響は、道中でトンネルの崩落事故に巻き込まれてしまう。

 数日後、何とかトンネルを抜け出すと世界は一変。化け物に噛(か)み付かれることで伝染する“謎の感染症”がパンデミックを起こし、“生ける屍=ゴーレム”が大量発生する終末世界へと化していた。来美を心配した響は急いで自宅に戻るが、来美の姿はなかった。

 その後、響は生存者たちを発見。共に終末世界を生き抜くことになる仲間と出会う。そして訪れた避難所で無線機を使用したところ、来美の声が聞こえてきた。2人は互いの生存を確認し、再会を目指して動き出すこととなった。

 ◇放浪生活を送る響 来美は駐屯地で保護

 一方、来美は自衛隊に救助され、横須賀駐屯地に保護される。来美は響を助け出すため、駐屯地の指揮を執る研究者・首藤公貴(滝藤賢一さん)に、ゴーレムのサンプル採取に同行し、駐屯地の外に出ることを願い出る。

 響たちは仲間と安全な場所を目指して、生死をかけた放浪生活を送っていた。第4話では、響たちが逃げ込んだショッピングモールに、来美がサンプル採取に訪れたのだが、再会寸前のところですれ違ってしまい、再び会うことはかなわなかった。

 ◇運命の歯車が狂い出す… 襲いかかる負の連鎖

 すれ違いながらも思いを募らせていく2人だったが、そんな2人に残酷な展開と、負の連鎖が待ち受けていた。研修医だった経験を生かし、駐屯地でけが人の手当ても担当していた来美だったが、ある日、高校時代の同級生で響たちと袂(たもと)を分かった等々力比呂(笠松将さん)が現れる。来美に思いを寄せる等々力は、来美に「間宮響は死んだ」とうそを告げる。ぼうぜんとした来美は職務中にもかかわらず、持ち場を離れ姿を消してしまう。

 その間に、来美が担当していたけが人がゴーレム化。駐屯地にいた橘愛奈(新津ちせちゃん)が襲われ、ゴーレムとなってしまう。事を知った来美は自責の念に駆られ、自らが実験台となり、首藤のワクチン開発に協力することで償おうと決意するのだった。

 同じ頃、終末世界を生き抜く響たち放浪グループは、ぜんそくを患う三原結月(横溝菜帆さん)の薬を求めて駐屯地に向かう。そこで、ゴーレム化した愛奈と遭遇し、襲われそうになった仲間の柊木佳奈恵(飯豊まりえさん)を助けるため、響が愛奈を殺害。近くでは愛奈の兄・橘勝利(田中奏生さん)が、その瞬間を目にしていた。

 首藤の実験が進む中、来美は打たれた注射により意識が朦朧(もうろう)とする。そんな来美を助け出そうと、部屋に忍び込んだ等々力が来美を連れ出す。そして、響は等々力に抱えられた来美の姿を目撃。手に入れた薬を仲間の佳奈恵に託して、来美の後を追うが、再会寸前のところで襲われてしまい、またもや2人が顔を合わせることはできなかった。

 ◇再会が“最悪の展開”に 2人の今後は…

 いつの間にか意識を失っていた来美は目を覚まし、愛奈の死を知る。勝利は愛奈を殺したのは“テロリスト”だといい、勝利と来美は復讐心を募らせていく。その頃、なかなか戻らない響を心配して引き返した佳奈恵とユン・ミンジュン(キム・ジェヒョンさん)は、来美と勝利に遭遇。もみ合いになった末、ミンジュンは来美に脚を刺されてしまう。

 傷を負いながらも何とかその場を逃げ切った佳奈恵とミンジュンだったが、またもゴーレムと鉢合わせ、けがのせいもあってミンジュンが噛まれてしまう。響たちはミンジュンを救うべく駐屯地のワクチン奪取を図るが、結局手に入れることができず、ミンジュンはそのままゴーレム化。響が自ら手を下す悲しい結末となった。

 どんな時でも自分を信じてくれたミンジュンの死に、響はこれまでにない怒りを覚える。佳奈恵からミンジュンを刺したのは“駐屯地にいる女”という情報を聞き、響は敵討ちを決意。そんな矢先、駐屯地のメンバーが響たちの前に現れる。響はある“女”の後ろ姿を発見し、佳奈恵の情報をもとにミンジュンを刺した女と同一人物だと断定。「動くな」という響の言葉に反し振り返った女に響は矢を放つが、実はその“女”は自身の愛する来美だった……。

 14日に放送される第9話の予告映像では、「来美死す!?」のテロップと共に、矢に射抜かれ倒れる来美の姿や、来美を抱える響の姿が映し出されている。恋人同士の響と来美は果たしてどうなってしまうのか……。最後まで目が離せない。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る