恋はDeepに:石原さとみが魚オタクの海洋学者役 海を守るため動き出す! 過去に秘密も?

連続ドラマ「恋はDeepに」で渚海音を演じる石原さとみさん=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「恋はDeepに」で渚海音を演じる石原さとみさん=日本テレビ提供

 4月14日にスタートする連続ドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系、水曜午後10時)。海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音と、マリンリゾート開発を担うツンデレ御曹司・蓮田倫太郎の恋模様を描く本作で、芝浦海洋大の研究室に所属する海音を石原さとみさんが演じる。石原さん扮(ふん)する海音について紹介する。

 ◇海を守る優しい海洋学者 過去には何が…?

 石原さんが演じる海音は、芝浦海洋大の鴨居研究室の特任研究員。海の生き物に詳しく、何でも魚に例えて語る。また、海が汚されることを嘆き、巨大不動産企業「蓮田トラスト」が進めるマリンリゾート開発阻止のために動き出す。そこでリゾート開発に人生をかけるツンデレ御曹司・倫太郎(綾野剛さん)と出会うことになる。

 いつも明るく笑顔で、誰に対しても優しいお人よしな性格。他人からの頼み事はなかなか断れず、押しに弱い。過去の生い立ちなどを語りたがらない、謎めいた一面も持っている……というキャラクターだ。

 ◇「恋はDeepに」の初回ストーリー

 海を愛する海洋学者の海音は、星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されることを知り、魚たちの暮らしを守るため、何とか止める手立てはないかと考える。一方、リゾート開発を進める蓮田トラストの御曹司・倫太郎は、父・太郎(鹿賀丈史さん)にロンドンから呼び戻され、星ヶ浜での開発の陣頭指揮を任される。

 海音が出演したあるテレビ番組をきっかけに顔を合わせた2人は、環境保護とリゾート開発という正反対の目的を持って最悪の出会いを果たす。その翌日、倫太郎と対立関係にある兄・光太郎(大谷亮平さん)から呼び出された海音は、なんと、リゾート開発チームに参加してほしいと頼まれて……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る