関智一:「桜の塔」で玉木宏と夢の“のだめカンタービレ”共演! 「W千秋先輩が見れる日がくるとは!」「胸熱」と反響

連続ドラマ「桜の塔」第1話のワンシーン=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「桜の塔」第1話のワンシーン=テレビ朝日提供

 俳優の玉木宏さん主演の連続ドラマ「桜の塔」(テレビ朝日系、木曜午後10時)第1話が4月16日に放送された。ドラマでは、二ノ宮知子さんの大ヒットマンガ「のだめカンタービレ」のドラマ版で千秋真一を演じた玉木さんと、アニメ版で千秋を演じた人気声優の関智一さんの共演が実現し、「W千秋先輩が見れる日がくるとは!」「ダブル千秋様が並んでて胸熱」「実写とアニメの千秋様がこうして並ぶ日が来るなんて…!」といった声が上がった。

 第1話では、玉木さん演じる警視庁捜査共助課の理事官・上條漣と、関さん演じる警視庁捜査1課長・牧園隆文がやりとりするシーンも描かれ、「関さんと玉木宏が会話している…!」「W千秋様ボイスで幸せ」「ガッツリ共演してた」といった反響も寄せられた。

 「桜の塔」は、2019年に放送された「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)や、特撮ドラマ「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系)の武藤将吾さんが脚本を手がけるオリジナルで、警視総監を目指す警官たちによる権力闘争を描く。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る