着飾る恋には理由があって:川口春奈の“ギャップ”が決め手に “笑顔が多い”横浜流星にも注目 新井Pに聞く見どころ

連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「着飾る恋には理由があって」のワンシーン(C)TBS

 女優の川口春奈さんが主演を務め、俳優の横浜流星さんも出演する火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系、火曜午後10時)が、4月20日にスタートする。火曜ドラマ「中学聖日記」(同局系)などのプロデュースを担当してきた新井順子さんが手がける、価値観の異なる人々が一つ屋根の下で恋を繰り広げる“うちキュン”ラブストーリー。「ドキッとするということではない“キュン”もある」と話す新井さんに、ドラマの見どころや、川口さん、横浜さんの起用理由を聞いた。

 ◇川口春奈のYouTubeでの“ギャップ”が決め手に

 ドラマは、昨年1~3月に同枠で放送された「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」の脚本を担当した金子ありささんによる完全オリジナル。きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロイン・真柴くるみ(川口さん)が、価値観の異なる人々と一つ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深めたりする中で、よろいを脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く。

 コロナの話題が出始めていた昨年1~2月くらいに、今回の企画を考えていたという新井さん。「外に出なくても、『おうちの中も楽しみだ』と思えるようなドラマをやれたらなと考えて。また、今までSNS担当として投稿をしていた時に、良くないコメントがあって傷ついたり、コメントで元気をもらうこともあったりした。『インフルエンサー』と『おうち』を掛け合わせて、ラブストーリーを作れたらと思った」と振り返る。

 川口さん演じる真柴は、若者から支持を集めるインテリアメーカーの広報を担当。会社に貢献したいと宣伝を兼ねて始めたSNSでは10万人近くのフォロワーを持ち、インフルエンサーとしても活躍している。会社のため、フォロワーのため、密かに想いを寄せる葉山社長(向井理さん)のため、「憧れの存在」であり続けようと背伸びし努力する……という“着飾る女”だ。

 そんな真柴に川口さんを起用した決め手は、新井さんが川口さんのYouTube「はーちゃんねる」を見たことだった。「(川口さんは)キラキラ女子なのかな?と思っていたら、YouTubeでは素が見えて、ものすごく今までの印象と違って、ギャップがあって。真柴のキャラクター通り、“着飾りガール”っぽいなと」と振り返る。

 また、真柴には“抜群の可愛さ”に加えて、「会社では、上司と後輩に挟まれる世代である、入社して7年ほどたった年齢」が必要だったといい、その条件にも川口さんがぴったりだったと話す。

 川口さんがある作品で見せていた“恋をしている表情”が「ものすごくいいな」と感じたという新井さんは、「1話でもそういう顔をいっぱいするのですが、それがまさにキュンです!」とアピール。さらに、「(川口さんは)ファッションも何でも似合っちゃいます。『家でイケてない服を着ている』というところも、おしゃれに見えます(笑い)」と話す。

 ◇横浜流星は「毎日包丁でタマネギを切って…」

 そんな真柴とひょんなことから一つ屋根の下で暮らすことになるシンプルを追求する“ミニマリスト男”藤野駿を横浜さんが演じる。駿は、自由気ままに好きな時だけキッチンカーでバルを営業する料理人で、シンプルな生活を追求する超マイペースな性格だ。

 実は、ある授賞式で横浜さんから“オファー”を受けたことがあると明かした新井さん。「(授賞式の)裏で待機する場所で、『いつかご一緒したいと思っているんです。よろしくお願いいたします!』と声をかけられて、そこが『はじめまして』でした」と振り返る。「そこからだいぶ時間が経過しましたが、今回誰にしようと考えたときに、『そうだ、(横浜さんに)言われたな!』って(笑い)。すぐにマネジャーさんに電話して……」と明かす。

 先日行われたリモート会見では、横浜さんは新井プロデューサーら制作陣から「今まで見せたことのない姿をこの作品で見せたい」と言ってもらい、うれしかったと明かしていた。新井さんは、横浜さんについて「(今まで)結構クールな役が多かったんですけど、明るい役もすごくすてきだなと思います」と話し、「寺井陽人(丸山隆平さん)とのシーンがすごくリラックスしてやられていて、素の彼が出ているところもあります。笑顔が多い役ですし、新鮮なんじゃないかなと」と続ける。

 横浜さんは、料理にも一生懸命な様子だといい、「真面目で、毎日包丁でタマネギ切っているらしいです。(包丁を使うシーンは)最初の頃は、『代役でやらないといけないのかもしれない』と思っていたんですけど、すごくうまくなって、今は代役なしでやっています」と明かす。とくに1話は、横浜さんのいろいろな表情が見えているといい、「男性から見てもかっこいいなっていう感じのシェフになっているんじゃないか。女子から見たら間違いないです!」と力を込める。

 ◇初回放送で解禁 星野源の主題歌は…「泣けます」

 今作は、TBSの火曜午後10時枠ということから、視聴者が“キュン”できることを大切にしているという新井さん。「嫌な気持ちにならず、本当に癒やされる……というような、あまりハラハラした展開にしないようにしています。『中学聖日記』はヒリヒリハラハラの展開だったので、今回は見て癒やされるような作品を目指しています」と話す。

 ドラマを彩る音楽にも注目だ。主題歌は星野源さんによる書き下ろしで、初回放送で解禁される。新井さんは、「泣けます! 星野さんの声がしみます! 星野さんのラブストーリーってこういうこと、という感じです」とアピールしていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る