リコカツ:初回視聴率9.7% 北川景子主演の離婚活動ドラマ 夫役に永山瑛太

北川景子さん
1 / 1
北川景子さん

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「リコカツ」(TBS系、金曜午後10時)第1話が4月16日に放送され、平均視聴率(世帯)は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(読売テレビ・日本テレビ系)などで脚本を担当した泉澤陽子さんのオリジナル作品。自由奔放な妻・咲(北川さん)と生真面目な夫・紘一(永山瑛太さん)が、周囲に離婚の話を切り出せずにいる中、水面下でリコカツ(離婚に向けた活動)を進めていく物語だ。

 第1話では、3カ月前、雪山で遭難した咲を、航空救難団の紘一が救助したのをきっかけに、2人は運命の糸に導かれるように結婚する。式翌日。咲は早朝4時に起床ラッパの音で起こされ、紘一に緒原家の家訓を唱和させられる。会社で後輩の三本木なつみ(大野いとさん)にこぼす咲。なつみには笑われた上、元カレの青山貴也(高橋光臣さん)の方が良かったのではないかと言われてしまう。

 紘一の提案で休日に外食することになり、咲は喜ぶが、紘一はファッションから店選びまで何もかもセンスが違った。その上、自分の考えを押し付けてくるため、咲の不満が爆発。紘一も「思っていた結婚生活と違う」と大げんかになり、互いに離婚を口にする……という展開。人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎ役などで知られる声優の三石琴乃さんが、咲の母親役で登場した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る