珈琲“もう一杯”いかがでしょう:「珈琲いかがでしょう」のオリジナルストーリー 第3話「珈琲焼酎とアニキの幻」

ドラマ「珈琲いかがでしょう」のオリジナルストーリー「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」の第3話のワンシーン(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会
1 / 1
ドラマ「珈琲いかがでしょう」のオリジナルストーリー「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」の第3話のワンシーン(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 俳優の中村倫也さんが主演を務める連続ドラマ「珈琲(コーヒー)いかがでしょう」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)のオリジナルストーリー「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」(Paravi)の第3話「珈琲焼酎とアニキの幻」の配信が、4月20日に始まった。

 「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」は、青山(中村さん)の影を追うぺい(磯村勇斗さん)を中心に巻き起こる、本編では描ききれない“珈琲をめぐる予想外の物語”を描く。

 第3話で、青山の後を追うぺいは、アケミ(滝藤賢一さん)のスナックの常連客・田中(上地春奈さん)と意気投合し、閉店後のアケミの店で飲みながら青山の情報を聞き出そうとするが……というストーリー。

 「珈琲いかがでしょう」は、コナリミサトさんの同名マンガ(マッグガーデン)が原作。主人公の青山一が、心を込めて入れたコーヒーとさりげない言葉で、人生に少し傷ついた人たちの心を癒やしていく物語。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る