遠藤憲一:ミニスカ&ガーターベルトのOL役に苦笑い 「俺、今年還暦…」

映画「地獄の花園」のイベントに登場した遠藤憲一さん
1 / 5
映画「地獄の花園」のイベントに登場した遠藤憲一さん

 俳優の遠藤憲一さんが4月21日、東京都内で行われた映画「地獄の花園」(関和亮監督、5月21日公開)のイベントに登場。同作は全国のOLたちの戦いを描いており、遠藤さんは劇中で一部上場企業の総務部の“魔王OL”赤城涼子役で出演。イベントに、金髪のかつらにミニスカートとガーターベルト、ハイヒールという役衣装で登場した遠藤さんは、OL役のオファーの感想を聞かれると「俺、今年還暦なんですね……」とぽつり。続けて「60歳のイメージがこういう感じじゃなかったので……想像通りいかないもんだな、と感じました」と苦笑いを浮かべていた。

 さらに遠藤さんは、「うれしかったです、いくつになってもこういうとっぴな役をいただけるというのは」と喜びも表現。「これからも歳関係なく、うそだろ、という役をいっぱいほしいなと思います」と意欲的に語った。

 この日のイベントには永野芽郁さん、広瀬アリスさん、菜々緒さん、川栄李奈さん、お笑いトリオ「森三中」の大島美幸さん、小池栄子さんも出席。イベントは「完成報告謝罪イベント」と題して行われた。

 「地獄の花園」は、主人公・田中直子(永野さん)の職場の裏で繰り広げられる、社内の派閥争いをかけた女性社員の“拳”による抗争を描く。ある日、1人の“カリスマヤンキーOL”・蘭(広瀬さん)が中途採用されたことをきっかけに、全国から直子の会社が狙われることになるというストーリー。お笑いタレントのバカリズムさんが脚本を担当する。 

写真を見る全 5 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る