木村良平:「七つの大罪」ハウザー役 「だんだんリアクション担当に」 「驚きの一声」に注目!

「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する木村良平さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する木村良平さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。木村良平さんは、聖騎士のハウザーを演じる中で「だんだんリアクション担当をやることが増えました」と感じているという。木村さんに作品、キャラクターへの思いを聞いた。 

 ◇不器用でちょっとバカ でも誠実

 --作品やキャラクターの魅力は?

 ハウザーは実直で不器用な男です。しかもちょっとバカです。<七つの大罪>のように強大な敵と一人で戦うことも難しい。でも、彼はその誠実さと人柄で、たくさんの仲間を得ることができました! その信頼に応えるために、もっともっと力をつけていくことでしょう!

 --演じる中で意識していること、変化はありましたか?

 だんだんリアクション担当をやることが増えました。一生懸命作品を盛り上げていきたいです。

 ◇共演者への思い 少しの時間でも豊かな気持ちに

 --声優陣のチームワークは?

 ファミリー感が増していっている気がします。最近はなかなか一緒に収録ができなくて寂しいですが、スタジオですれ違う少しの時間でも、とても豊かな気持ちになれるよい関係です。

 --「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦は?

 驚きの一声で、対象キャラクターやそのシーンの迫力を伝えるのは、毎回挑戦です。

 ー-最終章の見どころは?

 大変に深く長い物語の佳境です。お付き合いいただいた皆さんには、ぜひ彼らとのたくさんの思い出を頭の片隅に浮かべながら楽しんでもらいたいと思います!

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る