ドラゴン桜:“数学の鬼・柳先生”も帰ってくる! 品川徹が16年ぶり続編出演へ 「衣装やメークにも感慨深く」

連続ドラマ「ドラゴン桜」で数学特別講師・柳鉄之介を演じる品川徹さん(C)TBS
1 / 3
連続ドラマ「ドラゴン桜」で数学特別講師・柳鉄之介を演じる品川徹さん(C)TBS

 2005年に放送された人気学園ドラマの続編で、俳優の阿部寛さん主演の「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)に、品川徹さん演じる“東大数学の鬼”柳鉄之介が登場することが5月9日、分かった。柳は前作にも登場した数学特別講師で、続編には16日放送の第4話から登場する。

 柳を演じる品川さんは「知人から“またドラゴン桜やりますよ”と聞いてはいたのですが、出演オファーがきて驚きました。うれしいです。あれから16年たっているとは」とコメント。

 「先日、前作『ドラゴン桜』の再放送を見ていましたが、阿部寛さんと初めての共演シーンは今でも覚えています……懐かしかったなあ。久々に柳の衣装を着て、メークをしてもらっていたら、より感慨深くなりました」と語った。

 第4話には、子育てに関して親が知って得する「桜木メソッド」も登場。東大専科生徒の早瀬菜緒(南沙良さん)の母・恵子役で森口瑤子さん、天野晃一郎(加藤清史郎さん)の母・美紀役で片岡礼子さんが出演する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る