明日のゼンカイジャー:第11カイ「渡る世間は鬼ゴッコかい?!」 オニゴッコワルドの“強制鬼ごっこ” カッタナー、リッキー、ブルーンが餌食に

「機界戦隊ゼンカイジャー」第11カイ「渡る世間は鬼ゴッコかい?!」の一場面(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映
1 / 2
「機界戦隊ゼンカイジャー」第11カイ「渡る世間は鬼ゴッコかい?!」の一場面(C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

 スーパー戦隊シリーズ「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)の第11カイ「渡る世間は鬼ゴッコかい?!」が5月16日に放送される。タッチされた者は全て「鬼」となってしまうオニゴッコワルドが出現。「鬼」となった者は本人の意思に関わらず、次々に「鬼」を増やしていく「強制鬼ごっこ」がスタートする……。

 世界海賊=界賊(かいぞく)のゾックス/ツーカイザー(増子敦貴さん)の双子の弟・カッタナーとリッキーは、何でも張り合って競争する。出現したオニゴッコワルドを先に倒した方が勝ちとの勝負を始めるが、返り討ちに遭い、「鬼」にされてしまう。

 介人(駒木根葵汰さん)たちゼンカイジャーは、オニゴッコワルドに応戦しようとするが、触れると「鬼」にされてしまうため、距離をとって戦うしかない。しかし、ブルーンが背後からカッタナーとリッキーにタッチされて「鬼」になってしまう。

 「機界戦隊ゼンカイジャー」は、スーパー戦隊シリーズの第45作。この世にあまた存在する「並行世界」をすべて消し去ってしまおうとする悪の王朝・トジテンドに、“全力全開”で立ち向かっていくヒーロー・ゼンカイザー/五色田介人と、その仲間のロボヒーローの“機械生命体”キカイノイドたちの活躍を描く。

 キカイノイドのジュランを浅沼晋太郎さん、ガオーンを梶裕貴さん、マジーヌを宮本侑芽さん、ブルーンを佐藤拓也さん、カッタナーを鈴木崚汰さん、リッキーを松田颯水(さつみ)さんがそれぞれ声を演じている。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る