仲間由紀恵:主演ドラマ「女王の法医学」場面写真公開 “ワンコ”SixTONES松村北斗のコメントも

スペシャルドラマ「月曜プレミア8『女王の法医学~屍活師』」の一場面(C)テレビ東京
1 / 7
スペシャルドラマ「月曜プレミア8『女王の法医学~屍活師』」の一場面(C)テレビ東京

 女優の仲間由紀恵さん主演で、5月31日にテレビ東京系で放送されるスペシャルドラマ「月曜プレミア8『女王の法医学~屍活師(しかつし)~』」の場面写真が5月19日、公開された。場面写真には、身勝手な振る舞いから“女王”と呼ばれている法医学研究室の准教授・桐山ユキ(仲間さん)と、医学生の犬飼一(SixTONES松村北斗さん)の姿が収められているほか、2人が所属する研究室の教授で、犬飼を優しくフォローする丹羽嗣仁(石坂浩二さん)、桐山とは犬猿の仲にありながら、時には協力して事件解決へ導く県警本部の警部補・村上衛役(田辺誠一さん)も写されている。

 ドラマは、杜野亜希さんのマンガ「屍活師 女王の法医学」(講談社)が原作。原因不明の死を遂げた遺体と“会話”し、解剖で得た情報により亡くなったときの姿が“見える”という天才的な能力を持つユキと、ユキが「ワンコ」と呼んでこき使う犬飼が、正しい死因と真相を突き止める姿を描く。

 この度、2人のコメントも公開。仲間さんは「原作ファンの方にも楽しんでいただけるように、できるだけ原作に近い桐山ユキを意識しました。一見冷徹に見えるユキが、過去のある出来事を背負いながらも解剖医の仕事に向き合い、残された遺族のために頑張っていく。ひたむきな強さを意識しながら、ユキという女王像をつくりあげました」とコメント。

 「(犬飼とは)最初は一緒の方向を向いてなくてかみ合わない部分も多いのですが、それでも最後には、これから2人は一緒にやっていくのだろうなというスタートラインに立つことができたのかなと思います。ユキがどのような方法で事件の真相に迫っていくのか、テンポの良い芝居とスリリングな展開を楽しんでいただければと思います」とアピールした。

 松村さんは「この作品は、法医学を題材にしていますが、その中に繊細な人間ドラマと、男の子が憧れるような天才の勘でいくようなミステリーの要素があり、若い感性を感じました。犬飼一は、どこにでもいるような普通の若者なので、ずば抜けた存在のユキと、相棒やバディーまではいかないですけど、凹凸を感じる2人の関係性が、この作品の面白さかと思います。ワンコの成長物語の側面もあって、師弟関係のユキから響くものや感じることがあり、成長していく姿が2時間のドラマに凝縮されています。創意工夫して普段よりもフラットに落とし込んだ芝居を見ていただければと思います」と呼びかけている。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る