吉永小百合:脳死になった父、積極的治療を拒否して90歳で逝った母 亡き両親の思い出語る 明日の「徹子の部屋」

5月21日放送の「徹子の部屋」に出演する吉永小百合さん=テレビ朝日提供
1 / 3
5月21日放送の「徹子の部屋」に出演する吉永小百合さん=テレビ朝日提供

 女優の吉永小百合さんが、5月21日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。自身122本目となる映画「いのちの停車場」(成島出監督、5月21日公開)で初の医師役を演じた吉永さん。夫に患者役をしてもらい鍛練を積んだという役作りについてや、亡き両親との思い出などを語る。

 映画は「終末期医療」もテーマとなっており、演じた役には父の治療に悩むシーンがある。実は吉永さんの父も、食事で喉を詰まらせ意識を失い脳死状態に。3カ月間、家族で介護を続け、吉永さんもできる限り付き添っていたが、海外ロケ中に79歳で亡くなってしまった。番組では、吉永さんが、当時つづっていた看護日誌を持参する。

 一方、吉永さんの母は自分が病気と分かると、「病院に行かない」と言い出し、積極的な治療を拒否。数年後、90歳の誕生日が過ぎてから日に日に体が弱り、ついに入院したという。吉永さんがお刺身を持って行くと「お酒はないの?」と言われ、慌てて買いに走ったエピソードも。母は、その日本酒をおいしそうに飲み6日後に亡くなった。

 そんな母は短歌や刺繍(ししゅう)が好きだったといい、番組では、吉永さんが生まれたことを詠んだという歌も披露する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る